ワイルドサイドを歩け  杜氏日記

徳島の小さな日本酒の蔵元の日記です 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

12/29(金)
とうとう29日ですね もうけっこう販売は落ち着いています といいますか発送はだいたい終わりですね 他のお蔵さんは分かりませんがうちは一応31日まで営業なので帰省された方がお酒を買いに来てくれたりはけっこうありますね この日記も途中中断したりはしましたが一応年末まで続いてよかったです このところtwitterであるとかfacebookfrあるとかいろいろあってどこに何を書いていいのか分からない状態でしたが、自分としましてはこのブログがまあ唯一の発信源なのかなと思ったり そういえばこの前e-taxについて書いたのですが、ご親切にいろいろとアドバイスを送ってきていただいた方がいらっしゃいました どうもありがとうございます この年末になって原料米が届きました 遅めに来ると思いきやけっこう早い時間に到着
兵庫県の契約農家さんの山田錦等外米です 岡山の新中野で精米してもらい今日届きました とりあえず4トン 年明けには60%がきます 今回のものは精米歩合65%のもので、壱とかWILDSIDEになるお米です 今年は地震の影響が続いていますけど、食の安全という部分に関しては本当に自分で考えていくことしかできないようです もう少し国としてはやりづらい部分もあるでしょうけども国主体で取り組んでもらいたいです 食に関してはすべてが後手後手に回って、何かあればその後で対応というような事態になっています 日本酒には加工米という問題となるものもあります 後になっていろいろと出てくるようでは安心してお米も食べられませんし、お酒を造ることもできません 夕方に大場くんが来て、今晩の忘年会の機材を持っていってくれる 今晩は加茂のパパラギさんというところで忘年会なのです 毎年仮装ということになっていますが今年はどうなるでしょうか 仕事も7時くらいには切り上げて綾音と2人で行く もうけっこう人は集まっていました 今晩は大場夫妻のお祝いも兼ねているということです 10時くらいには先に失礼してきました 帰ってきて酒母用の掛け米の洗米

おめでとう!
1229.jpg

スポンサーサイト

PageTop

年末進行

12/28(木)
いよいよ今年も終盤ですね 今年は仕込みも多少しつつきましたので酒母ももろみも歳を越します お正月にもろみがあるのは一昨年以来ですね こうして年末年始の忙しい感じがあるのも全てうちの酒を飲んでいただけるお客様がいるからで本当に感謝します 忙しいことはいいことです 自分を忘れて酒造りをしたいという気持ちはありますが、今のところは残念ながらそこまでの環境には至っておりません 経営者的な考えも必要ですし、もちろんお付き合いなども多いし、本当の専業の杜氏ではないなあとつくづく感じます まあそれもいつまでたっても専業の杜氏にはなれないからそうなりたいと望むところがあるのでしょうね もっと造りに余裕があればあったで、また違う悩みも出てきたりとそういうことなんでしょう 明日には大量の原料米が届くためまた米を置く場所を確保しないといけません 米も外に近いところに置くと冷えすぎると思うのでどうしても蔵の中に入れたいです そうするとけっこう広い場所を作らないといけないなあ 今回6トンくらい一回で来てしまうのです 普段は2トンくらいづつ来て使ってはまた来るという感じなのですね 昨日の忘年会もかなりきいていて、午後からはちょっとめまいがする ラベルの和紙が年内非常に厳しい感じになったので、川之江の春日紙工さんまで取りにいく もうお休みなのですが無理矢理もらってきました 特定名称酒のほとんどのラベルは自分で印刷してますのでどうしてもストックが無いと不安です まあ今は大地の夢などもけっこう買いにきていただいてますのでラベルがないといけません 夕方帰ってきて発送するものを準備します だんだんすることがリミットが近づいて追い詰められてきました 実はこの忙しいのに新しいブログをしようとしたりしてます まあ実際にはできないのですけどね いろいろ溜まっている仕事などして終わるともう8時前 子供たちと買い物に出かけるも何もない しょうがないので焼きそばでも買ってきてすることにした 


夜明けにふと考える
1228.jpg

PageTop

忘年会

12/27(水)
今日は普通酒、上撰の瓶詰め 今年は最後の瓶詰めになるかな 昔は12月と言えば上撰ばかり詰めていたのに最近では通常の月より少し多いくらいでしょうか それだけ飲み手の方の趣向も変わってきたということでしょう あとは地元の酒離れも大きいです このあたりは田舎で車が無いと生活ができないくらいなので、飲酒に対して厳しいことになっています それこそ昔は多少の飲酒というものも容認されていたような感じがありますが、今は絶対に飲酒運転は許されるものではありません ですからそれを踏まえた上でどうやって楽しんでいただくかということが重要ですね 今日もなんだか朝からばたばたと落ち着かないです 取りあえず官公庁は早く終わってしまうので酒税のe-taxの処理をしておくことにします e-tax便利とか宣伝していますが、それなら少なくとも土日も受付、というか平日21時までというのもなんだかどうなんでしょうか 受付してその場で審査するわけではないでしょうから24時間受付にするべきだと思います あとはOSの問題です 通常、僕はMacOSを使っておりますし、その他のこともよっぽどで無い限りMacでしております ですがe-taxはMacの環境では使えないのです 確かに少数派とは言え、こういったものは全てのOSに対応してしかるべきではないのでしょうか 開発費用というのであればこのe-taxそのものの存在意義が問われかねません しょうがなくこの電子申告だけのためにWINDOWS機を使用しております しかもソフトはめちゃくちゃ重い なんとかならないものでしょうか 気を取り直して仕事に戻ります もろみも冷えているのですが元気な感じなのでそのままでいくことにしました 下手に暖めるとかしない方が良いと思います 3時ころから久しぶりに女子中学生バンド、ハッキーメイのメンバーがやってくる 今晩、MSFの忘年会なので早めに来て練習するとのこと 仕事が忙しいので忘年会の買い出しをお願いする 19時から忘年会 思えばMSFのイベントも雨に泣かされた1年でした まあ最後のオータムサウンドフェスティバルはよかったのですけどね 今回は大歩危のTHE RELICの方も来られて来年のお話などする 一度早い時期でレコーディングライブをさせていただきたいなと考えています いま、うちのスタジオで少しづつですが何バンドかレコーディングをしているのですが、なかなか音源がそろわないため、もうライブハウスで一斉に録ってしまおうという感じです まあ来年の目標ですね 早く終わるかなと思いましたが結局終わったら2時くらいでした 

途中で新居完成祝いをなおくんに渡す(中身は気持ちです)ハッキーメイ
1227.jpg

PageTop

クリスマスも終わった

12/26(火)
クリスマスも終わりいよいよ年末に向けてカウントダウンですね ちゃんと歳が越せるのかな 今日は大地の夢の生の瓶詰めとその他、阿波山田錦、雄町など瓶詰めします 注文いただいても少人数ですのでなかなかさばききれずご迷惑をお掛けしております これだけ注文をいただけるというのは非常にありがたいことで、数年前では考えられなかったことですので素直に感謝です しかし数年前よりも少人数でこなしているため、瓶詰めや発送に関してももっと効率を考えていかねばならないと思いました 夜中まで仕事しても段取りが悪いために発送できなかったりといろいろ解決しないと行けない問題があります まあ資金を投入して大きな倉庫や冷蔵庫を確保するという部分で解決されるところもあるのですが、そこはまあ頭を使ってがんばらないといけません 大きな冷蔵庫を蔵の中を改造して設置というのは将来的には夢ではなく、必要不可欠なものではあります これができるよう頑張りたいです 仕込みにしてもやはり手作業に頼る部分も多く、生産を増やすためには障害となっています これも早く解決したい問題であります このところの冷え込みでもろみのペースもかなりスローに まあ良い酒になればそれでいいのですけど 今日は新年の酵母をいただきに工業技術センターへ行く予定でしたが、諸々の事情で僕は行けず 取りに行ってもらいました まあいろいろあるんですよ 年末に向けてもう残された時間は無いけれど、やり残していることはすごくたくさんあります なんとかしなくては 夜にパパラギの方がキーボードを取りにこられる 明日ライブがあるようです 88鍵のものが必要とのこと ピアノをされる方なのでしょう うちには古くから使っているROLANDのA-90というステージピアノがありますが、これがまた異常に重いんです 2人がかりでなんとか運びました 鍵盤がちゃんとしたものなので重いんですね 明日7時からとのことですが、残念ながら明日はMSFの忘年会なのですね なんか今年はけっこう決めるのが遅かったから参加者が少ないような気がします まあまた新年会もあるからいいか 晩ご飯は遅くなって9時くらい お鍋で暖まる 

織絵になついている
1226.jpg

PageTop

クリスマス当日

12/25(日)
クリスマスですね 今年はうまく土日になってますね 今日は一応は会社休みです が、溜まっている仕事をこなすべく頑張らねば 5時には起きて蔵へ 相変わらず寒いからもろみはけっこうのんびり まあ良いかな かなり天候に左右される造りですから焦ってもしょうがありません お酒造りはそんなに決まり切った理屈ではないのでそういうつもりで取り組まないと良いお酒はできないと思います 午前中は事務所で発送業務 先週のうちに発送したかったところがたくさんありますがなかなかできませんでした 午前中、事務所開けていたらかなりたくさんのお客様が来られてお酒を買ってくださいました この前に新聞に紹介していただいたのですが、あまり入手できるところがなく怒られてしまいました いやあもっと頑張らないといけないのですが ラベルなども毎年変わっているんで、あんまり変えるなという意見もあります 確かにあまり変わると飲食店さんでメニューに載せていただいていたりするとややこしいですし、お客様も混乱してしまうということですね 自分でラベルも作るんでそれもなんだか楽しいというところもあるんですね なのでややこしかったら申し訳ないのですが暖かく見守ってやってくださいね さすがに4時くらいには事務所も閉めてちょっと買い物に行くことにした 織絵も帰ってきたし 午後からは子供3人も動員して手伝ってもらいました 近場の綾川イオンに行くことにしました まあ知り合いばかりいると思いますが 子供たちは服などの買い物 このところそのあたりの買い物についていけなくなりソファで座っていたら寝てしまっていた これでは完全に休日のおやじじゃないですか 気を取り直して起きる 帰ってからも仕事と思いつつ寝てしまう

胡春が作ったものです
1215.jpg

PageTop

クリスマスイブ

12/24(土)
今日は土曜日でありクリスマスですが当然のように仕事です まあしょうがないですね お酒も年末年始で需要時期ですしね 午前中はいろいろと瓶詰め 現段階で新酒が五百万石、阿波山田錦、雄町、五百万石(大地の夢)とあるので出荷するためにけっこう詰めないといけません 注文いただいているのに発送ができていないところがたくさんあって申し訳ありません 今日は朝からすごい雪です ここは四国なので雪なんてふらないようなイメージがありますが、けっこう降りますねえ なんだか朝から吹雪のようんい降ってあっという間に地面にも積もりました 織絵が部活だというので学校まで車で行くと途中坂でけっこう滑って怖かったです 普段あまり雪道は走りませんし、車のタイヤはノーマルだしね 昨日、新宿の知り合いのお店に出したお酒が和歌山まで間違って行っているとのこと 年末年始はこういうことがけっこうあります うちはクロネコさんでお願いしているのですが、ほぼ遅配とかはないのですけどねえ まあ次の日の配達でお願いする 午後からもけっこうな雪 今年は急激に寒くなってきました もろみもちょっと冷えすぎです 最初は勢いあったのですがこの寒さでちょっとおとなしくなっています 午後からもひたすら生酒の瓶詰めと合間でラベルの作成など 急な発送なども加わり忙しい 個人的にお願いされているものもはやく発送しなくては もっと時間が欲しいなあ 地元高校生の「大地の夢」もお客様が買いに来てくれます ありがたいですね やはり実業高校だけあって地元の方に出身者が多く、心強いですね 今年はお酒の酒質の設計を少し変えたのですがなかなか好評で良かったです 昨年までは良くも悪くもうちの酒であったのですが、今年は独自のものになったかと思います クリスマスイブですが、織絵は女子会で友達のところでお泊まり 残った3人で川之江まで出かけました 心配したほど雪もなく良かったです このあたりは四方を山で囲まれていますので、大雪が降ると帰ってこれなくなってしまうのですね 

会社の前でこの状態
1214.jpg

PageTop

ちょっと早いクリスマス

12/23(金)
今日は「大地の夢」の火入れバージョンを瓶詰めします 今日は朝から三好高校の感謝祭なのでちょっと見に行くことにしました 9時からということですが、9時前からけっこうお客さんが並んでいます やはり野菜や加工したお肉などが人気です 野菜も大根、キャベツ、白菜などすべて100円です ゆずみそやジャムなども人気です 野菜を買ってから、ほんしめじでだしを取ったうどんをいただく キロ1万円のほんしめじを贅沢に使っただいはすごくおいしいですね OKUHIDAの肥田先生が接待をされていました 今日は朝からいいお天気で良かったです 加工肉などはあっという間に売り切れてしまいました クリスマスということもあってなかなか人気です 帰ってきてまた発送の準備をします まだまだ発送が終わらなくててんてこ舞いです あーはやく新年にならないかなあと まあ新年もお酒の仕込みなどありますけどね 「大地の夢」も今日から発売ということもあって直接買いに来ていただいています 新聞、テレビの力って大きいですね 午後からは新酒の瓶詰めなどで足りないものをどんどん詰める 朝はお天気でしたが午後からは曇りで寒くなってきました 今年は織絵が24日友達のところでお泊まりなので今日軽くクリスマスでもするかということになりました まあケーキとか買っているだけなんですけどね 昔からクリスマスや大晦日、新年は忙しくてのんびりした記憶はありません まあ造り酒屋はどこもそんな感じなんでしょうね この3連休もかろうじて日曜日は休みなもののあとは仕事ですね 特に12月後半に新酒の搾りが集中したのでしょうがないのですが 夜は子供たちが書道に行っているのでちょっと遅めに夕食 9時過ぎてからの夕食です まあ毎日遅いんですけどね 一応ケーキなども食べて少しだけクリスマス気分でした

販売の様子
1223-1.jpg

ケーキ
1223.jpg

PageTop

寒くなりましたね

12/22(木)
今日も朝から「大地の夢」の瓶詰めをします おかげさまでたくさん注文いただいております やはり年末にこういったアイテムは、お土産などにも使っていただけるのでありがたいですね 今日はその瓶詰めと酒粕の詰める作業で一日終わりそうです 実は県の方からや学校関係でかなりの数の注文をいただいておりそれを朝から詰めます まあ生原酒の場合はそのまま詰めますからいいのですが、火入れの方はおり下げをしてから軽く濾過をして瓶詰めします なので今日は生の方だけですね でもそればかりにかかっているわけにもいかないので他の新酒なども詰めます 午前中は結局ずっと瓶詰め 午後からちょっと新しい取引先が来られるのでお昼の時間にちょっとだけ蔵の掃除 まああまりできませんでしたが 午後からは商談 三好高校からも先生が応援に来ていただいて「大地の夢」は必要分は出来上がりました 正式には明日からの販売になります 商談ではちょっと思っていた感じと違い、なかなかおもしろいこともできるのかなと思ったので取引させていただくことにした 来年の新酒からになると思いますけど、また新しい展開があって良いかなと 夕方、近くの神社の方が来て、松尾さんのお祀りをしていただく 毎年恒例になっています 蒸しと室、仕込みの3カ所でしていただきました 毎年毎年、来年が勝負の年だと思いつつ、どうなんでしょうか お客様や応援していただいている方は増えてきて本当にありがたいと思っています 勝負なんて言っても長丁場ですからそんなに焦っても良い結果は出ないと思っています 酒造りだって焦っても結局良いお酒ができた試しがないですから じっくりと取り組むという姿勢が大事なんでしょうね ただ生来の性格で、そうは見られないのですけどけっこう短気なんですね まあ他の人と比べると分かりませんが 夕方から寄るにかけてはまた蔵の掃除 今はもろみも1本だけだしけっこう掃除しやすい時期なのでやろうと思ってはじめたんですが、一人ではなかなか思ったようにはかどらないし寒いし 一度中断してから三好高校へ 明日は感謝祭ということで、野菜やパンなど普段の収穫を学校で販売します 発酵コースも甘酒(アルコール無いもの)を造ったので販売します 限定100本とのことです 帰ってからまた掃除 たいがい寒いので9時ころ終了


1222.jpg

PageTop

「大地の夢」しぼりました!

12/21(水) 
今日はいよいよ三好高校のお酒「大地の夢」しぼります ただ先日の雄町の酒粕がまだ搾り機の中にあってそれを取らないとしぼれません 朝一から酒粕を取る作業 9時には生徒さんたちも来られて作業をてつだってもらいました 10時過ぎからしぼりの開始 すでにNHKさん、読売新聞さん、徳島新聞さん、四国放送さんと取材に来ていただいております しぼりはじめるとまあすぐにお酒は出てきますので、生徒さんにインタビューなどもされました 早いところではお昼のニュースで出していただけるとのこと 以前は新潟などでも同じような取り組みがされていましたが今はどうなのでしょうか 搾ったお酒の感想は、辛口ながら旨みのある良いお酒になったという感じです 通常出しているうちのお酒とはかなり違います 23日に三好高校で感謝祭という催しがありますのでそのときに発表ということになります 残念ながら免許の関係でその場で販売はできないのですね まあしょうがないです 午前中で取材は終わり、午後からは通常の発送業務と搾りを継続 酒粕も取ったからには少しは詰めないといけませんね この12月も押し迫ってすることだらけでもう大変です 無事にお昼のニュースでお酒の話題を流していただいたようです ありがとうございます それ以降問い合わせの電話など数件いただく 三好高校にも問い合わせがけっこうあるようです 夕方まで詰め替えや瓶詰め作業を続ける なかなか発送が間に合っていませんが頑張らないとね 夜はちょっと仕事関係で徳島市内へ向かう 飲食店も数軒顔を出す 年末とあって平日でもけっこう人がいるような気がします それにしても寒いですね この3連休はかなり寒くなるとのことで雪も降るんじゃないかな 昨年は大晦日に大雪が降ったのを思い出します もうクリスマスですねえ 帰ってきてから、さらに大地の夢を詰める 明日は多分たくさん製品にしないと間に合わないな

取材の様子です
1221.jpg

PageTop

新酒ラッシュが続く

12/20(火)
今日は留めの仕込みです が、朝ちょっと人手が無くて送れてくる人を待って蒸しです なかなか大きな仕込みになると一人や二人ではどうすることもできないのでそこがネックですね 機械化できるところはしていったほうが効率はいいのでしょうけどね なんせ先立つものがないですねえ そうも言ってられませんのでなんとかがんばりますけどね 留めも少し時間を遅らせてはじめました まあお昼までにはなんとか終わるだろうと お昼からは新酒の雄町を詰めないといけませんね こちらもけっこう注文いただいていますのでなんとかしないと 去年にくらべても明らかに2名くらいは少ない人数でまわしていますのでそりゃ忙しいのですが、これくらいで1年間通してまわしていければと思っています ただ誰か倒れると終わりっぽいなあと それも問題ですが このところこの日記の更新だけはしていますがそれも厳しい感じになってきたな この更新がされなくなったら僕は死んだと思ってください って言い過ぎですが、なかなか落ち着いて物事を考える時間も無くなってしまってます 仕込みそのものは順調ですがいろいろと創意工夫が必要ですね 明日はいよいよ三好高校のお酒「大地の夢」を搾りますんでその準備もしないといけませんね 今年の大地はどういったらいいのでしょうか 少し仕込みを変えてみました まずは麹の造りですが、かなり固いものにしました 今までの大地は良い意味でも悪い意味でもうちのお酒だったんですね ですが全く同じものでもおもしろくないのでもっと切れの良い、わかりやすく言えば辛みのある旨い酒とでもいいましょうか そんな酒になったと思います 辛口でも当然、お酒の旨みは必要です まあそうは言いながら実際は難しいです 日本酒度で言えば、通常のうちの酒とそれほど変わらないですが、いろいろと温度管理なども変えてみました まあ明日しぼりますので楽しみですね 夜、百均の店へ胡春と出かける クリスマスなのでサンタの服装を買いたいというので購入した 昔どこかでもらったサンタの格好をしてスーパーへ買い物に行くと、可愛いと誉められたのでそのことを思い出したのかな 幼稚園くらいだったけど、いまや4年生ですからね 少しちがったテイストになっているとおもうけどな 夜中に明日のしぼりの準備 このところどうしても夜中の仕事が多いなあ


1220.jpg

PageTop

やはりドタバタ月曜日

12/19(月)
週明けての月曜日も年内もうあまりありません 今年は仕込みを継続しているせいかいつもの年よりも慌ただしい気がします まあ新酒がどんどんできているので楽しい気持ちもあるのですけど、もろみをかかえているといつもなんか心にひっかかっているようなそんな気持ちです もちろん良いお酒ができると気持ちも良くなりますが 今日は仕込み、仲の仕込みになります 雄町ももう出荷しないといけないので、制作途中で放置していたラベルを完成させる 雄町もまた心機一転少しだけ変更しました 裏貼りを省略して前に詳細を持ってきました イメージはオレンジだったのでそのイメージは変えることなく引き継ぎました 雄町もおりがらみは、新宿酛(もと)の麻理絵ちゃんバージョンです 若干色使いが違うので比較してみてくださいね とか宣伝してみたりして あとは今週、三好高校のお酒も搾りますのでそのラベルも作成 これも毎年、大場くんに生徒さんの似顔絵を描いているのですけどなかなか今年もすばらしいものを描いてもらい、かなりバージョンアップしております かなりの力作なのでその絵主体のデザインにしました 格好いいですよ ここのところ新規で取り扱いを希望していただいているところが何軒かありまして、非常にありがたいことです ただ生産量の問題もありますのでそのあたりは、自分のできる量を考えないとご迷惑をお掛けしてはいけないので慎重に考えるつもりです 生産量を増やす予定ではありますが、日本酒(特に地方の地酒蔵)の場合、シーズンに酒造りをおこない、それを1年かけて販売していくという形ですから、かなり慎重な見通しを立てないといけないので難しいです 今月はこれが売れたから来月はこれの仕入れを増やそうという感じではないので悩みます あとは増産すると資金がかかるということです 原料米を買って、それが商品になりお金をいただくまでにけっこうな時間がかかってしまうのが現実です 特に冬場に資金が集中してしまうため、そのあたりも悩みです 今日もけっこう寒いです このところ冷蔵庫の中と外が同じになったので、生酒なども外に置いておけるからいいなあ まあ冷暗所じゃないとだめですけどね これで2月くらいまでは冷蔵庫の悩みも多少緩和します そうなんです、増産すると冷蔵庫の問題もあるんですね 蔵の中を改造して要らないタンクを外に出す計画もあるんですが、これも先立つものが必要です 資金の要る冬場は無理だし、売上げの下がる夏場も厳しいなあ 悩みだらけですね 夕方、織絵が帰ってきましたが、どうも熱があるらしく寝てしまう このところバレーボールの試合などが続いて休み無しだから疲れたかな 雄町もおりがらみや直汲みはけこう詰めましたが袋しぼりなども詰めて発送準備しないといけませんね あー時間がない 明日は留めの仕込みなので、洗米の量も多いから早めにしようと思ってましたが結局なかなかできず夜中に 三好高校のお酒「大地の夢」ももろみ後半けっこう冷えたからもう少し時間が欲しいなあ

「大地の夢」23BYバージョン 格好いいでしょう?
1219.jpg

PageTop

日曜はのんびり(したいなあ)

12/18(日)
今日は仕込みは踊りなので休みです ただ麹の作業はあります 今日は次女の織絵はバレーボールの試合でけっこう早くから出かける 麹の作業も奥さんと胡春の協力のもと、おこないました 一人ではけっこうきつい量だったんですね 10時から蔵見学の方が来られる と言っても知り合いの方ですので今のもろみや麹米などを見ていただいた 一緒に来られた方がミュージシャンの方でけっこういろいろなお話が聞けてよかったです 今日は父と母がうちの子にクリスマスだから何か買ってくれるとのことで出かけることに 織絵はバレーボールの試合のため、でかけたのは僕と綾音と胡春、あとはうちの両親 まあ他に行くところも無いので綾川イオンへ向かう 綾音と胡春は服や靴を買ってもらって喜んでいた なかなか両親に買ってもらえないから喜んでいる 不憫だ 中にある回転寿司で食事していると、友達の大地くんからメール まさかの同じ店でした 大地くんは映画を見に来たとのこと 今晩、実は飲み会というかお食事会をするのでした 電気屋で石油ファンヒーターを購入 けっこう安かったなあ 小さいものを2台購入 店頭に在庫が無かったけど店員さんが倉庫から見つけてきてくれた 綾音も受験生なので勉強しないといけないのですが、部屋がエアコンでは寒いので買いました 丸亀経由で帰ってきた なんだかんだで4人でお食事会 すぐに食べたので終了後にうちに来てかなり遅くまで話し込む ときに深刻な話もあり気づけば2時 解散後に明日の仕込みの洗米をする まあ朝のうちに用意はしていたのですぐに終わった 寒かったから風呂に入ってから寝ようと思ったのですがまあ眠いからそのまま寝ました

子供に手伝ってもらう情けない杜氏
1218.jpg

PageTop

土曜日は添え仕込み 日曜が踊りになるから

12/17(土)
12月は当然のように土曜は営業日です まあ12月でお酒売れないといつ売るのって感じです 通年で平均した売上げが望ましいですが、お酒も季節もの、しょうがないですね まあ昔に比べると夏にも商品出しますし、ひやおろしだってけっこう定番ですよね まあ1年中同じように売れるっていうのはまあ難しいかもしれません 旬のお酒ってけっこうありますもんね 今日はけっこう忙しい 酒母を下ろして仕込みの準備 添えをします 添えの場合、掛け米は割と少ないから床に広げて冷やします あと麹米を室に引き入れ、仲の麹を移すと それから搾りの準備もします なんか一気に忙しいなあ 東京へ行ってたからけっこう溜まってるんですね 話は飛びますけど、夏場、三芳菊のTシャツを作成しましたが、今度はパーカーを作ります 個人的にもけっこう着ますので欲しいなあと けっこうパーカーって生地が大事ですよね あんまり安いものは良くないですからまあまあのもので作成したいですね ネットで探してみるもけっこうお値段しますね 搾りもはじめます このところよく溶けてる印象があるので順調にいってます ときどきかなり固いもろみのときなんかちょっとした塊がひっかかって詰まったりしますがそれもなさそうです お酒の印象はすっきりきれい(当社比)という感じです 思ったよりもすっきりと切れの良いお酒になりました 香りはまあいつも通りですね また酒粕の方にけっこういってしまってるんだろうなあ 午後からは直汲みも詰めます できるだけたくさん詰めます もろみは思ったよりも長くかかって全部入るまでに7時間くらいかかってしまいました まあ搾り機の段数をもっと増やせばいいのですけど、増やせば酒粕がうすくなってしまうんですね これももろみの感じでおおよそ粕歩合が予想できるのでそれで考えればいいのですが、修行が足りないのでまだぴったりとはいかないですね 頑張らねば ちょっと懇意にしている原料米の商社さんから、玉栄の案内をいただいたので今年は思い切って使ってみようと思います まあ1本だけなんですけど 玉栄は山田錦とか雄町tかとはちょっと違った個性のお米なのでどうなるかちょっと楽しみですね 実は先日の東京で日本酒のいろんな可能性について話していろいろとアイディアをもらったんですね だからこの1本はまた特別なものになるんじゃないかなって思います 結局、搾り機にもろみが入って搾りに切り替えたのは8時くらいでした 奥さんと織絵はバレーボール 家で昨日のカレー鍋を利用してカレーリゾットにして食べた けっこうおいしかったです 

添えの掛け米を冷ます
1217.jpg


PageTop

金曜はトラブル続き

12/16(金)
やはり帰ってくると忙しいなあ まあとりあえず昨日洗った麹米を蒸して室へ入れる そうこうしている間に県の物産の方が来られて商品について話をする なんか紹介してくれるみたいです 綾音について聞かれたので、ついでに3姉妹の全部説明しました 午前中は新酒の五百万石を先に詰めて、午後からは360MLの発泡を詰めます なんだかんだでけっこう12月はたくさん需要がありますね ありがとうございます 発泡はやはりクリスマスに向けてということでしょうかね 麹米の造りを指導に来るので造りのスケジュールを送るというのをすっかり忘れていた 出麹や添え、仲、留めの日にちなどを書き込むようになっているので取りあえず今の予定で埋めた 人もいないでやっているし、突然何か計画が変わったりとかあるんですよ 自分でやっていると なのできっちりとした計画を書けないというのがありまして とか言っててもしょうがないので送りました まあ他の蔵のこととか聞けるからいいですかね 見ないと分からないと思うけどね 午後からは寒いと思ったらなんか雪が降ってました 今年は少し早いような気がします まあこれだけ冷えると冷水機も使わないでいいので節約できて良いですね やはり雑菌は少ない方が良いのでそれもいいですね 発送する商品がけっこう多く午後からは割と発送の準備 あとは明日また酒母を下ろすのでその準備 タンクを洗う 洗浄機で洗うのですがけっこうびしょびしょで大変です 搾りも控えているので搾った酒の行き場所も考えないと すごく寒いのでけっこう早めに洗米をします 明日は添えですが、留めの麹もありますのでけっこう多いかな 輸送洗米をしていたら突然ポンプのホースが外れてすごい勢いで見ずが吹き出しまたびしょびしょになった とりあえずそこは片付けて、家に戻って風呂に入る すごく寒かったのでやばかったです なんだかんだトラブルが続くまあ些細なことですけどどうも細かなミスがいけない 

ネタが無いとこれ
1216.jpg

PageTop

出張3日目 さすがにくたびれた

12/15(木)
今日は帰る日 ただ帰るのもなんなのでお酒を使っていただいている飲食店さんに寄って帰ることにしました なんか寒いせいもあって体調が微妙だ あまり無理せずに帰ろう 帰るとすることが山ほどあってなんか帰りたくないなあ なんて、嘘ですけどね 提出する書類とかもほったらかしで来てたのでまあ本当帰るといろいろあります お昼過ぎまで2カ所を訪問して、新宿に戻ってきました 予約の新幹線までまだもう少しだけ時間があるので久しぶりにレコード店に寄ってみた 普段は通販とかで買うことが多いのですが、やはり実際のお店はいいですね それほど時間も無かったですけどちょっと癒された気がしました 昔からレコードコレクターなのですが、それでも一時に比べるとレアなレコードは無くなってしまいましたね ほとんどこういうお店はレアアイテムはオークションで販売するのでしょうね オークションが全て相場を決めてしまっているので全然掘り出しものとか無いですね まあ見ているだけで楽しいですけどね 結局なんだかんだ言いながら何枚か購入する 帰りの新幹線は平日の中途半端な時間だったので空いていて快適でした 岡山での乗り換えも余裕があったので家族に少しだけお土産を買ってみたり 結局、阿波池田に到着したのは20時半でした 帰ってからもろみと酒母を見ると立派に成長していました 親はいなくとも子は育つのでした 明日の麹米の洗米をして終了 やはり都会に行くと歩くので運動になっていいですが、足がくたびれるなあ

アンパンマン列車 案内の声もアンパンマン
1215-2.jpg

立派に留守番していたもろみです
1215-1.jpg

PageTop

出張2日目

12/14(水)
午前中に約束していただいている酒屋さんへ向かう ここも何年かとても良くしていただいています  本当に日本酒を商品(本当は商品なんだけど)として考えずに文化としてかんがえ、蔵元を支えてくれています 感謝です お忙しい中ありがとうございました 一旦新宿までもどってお昼を食べて一休み 午後からはお取引させていただいているのですが、一度もお邪魔したことのない小売店さんへご挨拶に 行くとちょうどうちの会社の10本箱が到着したところでした なぜかこの10本箱けっこう重宝いただいているとのことです 8本入りはけっこうあるけど10本入りは無いそうです うちでも四国中央市で作成していただいておりますが割と消費早いです 6本入りP箱だと送料がかかるというせこい話なんですけどね 夕方、一度妹の店KIRAZに行く こっちも新酒が届いていました なんか早め早めにいろいろ出したかったのに計画通りいかないものですね これから雄町、五百万石、播州山田錦と続けてでますけど年末にかかってしまいけっこう大変かな ちょっと休憩して新宿へ向かいます 今日は阿波山田錦3種類を出していただけるということで、新宿の酛(もと)さんへお邪魔しました http://ameblo.jp/shinjuku-moto/  ここの美人利き酒師の麻理絵さんが新酒の阿波山田錦特別純米無濾過生原酒おりがらみのイラストを描いてくれたのでした 酛さんのブログにも掲載されているのでみてくださいね イラストのおかげもあり、出だし好調です ありがとうございます お店には常連さんもたくさんいて、まさに日本酒最前線の雰囲気です DISCOVER JAPANにも大きく掲載されています すごく良い雰囲気のお店なのでお近くの方は是非どうぞ 女性でも入りやすいお店です 閉店までいて帰りました 12月に東京に来るなんて今までなかったけどなかなか励まされるものですね 無理なスケジュールでしたけど来て本当によかったです

午前中はこちらへ
1214-2.jpg

午後は大田区です
1214-1.jpg

PageTop

東京出張

12/13(火)
今日から東京出張ですので朝はけっこう早起きしました 列車そのものは8時くらいなのですが、割と昨日の夜に準備全然しなかったのでしょうがなく早起きしました まあ新幹線で寝ることもできるしいいかなと 4時くらいに起きたのですが、なんか余裕無いのに朝風呂に入ったりとのんびりしちゃいました もろみなどに後ろ髪を引かれつつ出発 途中、特急の南風が前の列車の故障のため、岡山に30分遅れくらいで到着したため、予定の新幹線に乗れず 次の次の新幹線に替わりの席があるということで乗れましたが、3列の真ん中しかないとのこと 平日なのに厳しいなあ おまけに両側がけっこうでかい男の人で寝るに寝られず まあ仕方ないですね 東京に着いてから、新橋の酒造組合中央会へ野暮用 それから溜池山王の小売店さんを訪問 新店長がはつらつとした女性ですばらしいですね 夜は四谷方面へ向かいます 本当に四谷三丁目は日本酒頂上決戦みたいなことになっていますね おかげでうちのお酒もたくさん置いていただいて幸せです その後いろいろとあって場所も移動 この日は前向きないろいろな話ができて非常にモチベーションが上がってよかったです ただでさえテンション低いと言われているので気持ち的に高まってよかったと思います で、まさかの徹夜(おおげさか)40代にはこたえるかと思いましたが気持ちでけっこういけるものですね とても楽しい夜でした 

溜池山王にて
1213-2.jpg

四谷です
1213-1.jpg

PageTop

月曜日はやっぱり忙しいなあ

12/12(月)
今日は初しぼりの瓶詰めをします これはかなり少ない量です というか毎年買っていただいている人がいらっしゃるので詰めています こうして待っていただいているという商品があるというだけで幸せというものです 何度も書きますが12月に出張なんて無謀なことをするからもう大変です 溜まりに溜まっている書類の山 メールも あーどうして計画的にいろいろできないんだ と言っている間に雄町が到着 こちらも頑張って仕込まなくては このところ寒い日が続いてお酒造りには良い環境ですね 夜中に蔵に行くと落ち着くでしょう?とか聞かれますが、僕の場合どうものんびりしているのが災いしているのか、あれしなくちゃ、これ忘れてたって落ち着くことが無いですね こんな杜氏はだめですね もっと余裕の空間を造らないといけませんね(無理か)午後からは三好高校の先生も来られて、今年発売の「大地の夢」のちらしを作成 まだ酒も搾っていませんが、まあこれはしょうがないことでしょう 宣伝ですからね 恥ずかしながら昨日、一人で大掃除をしたら体中、筋肉痛です 情けない なんか足腰が言うことをきかないです もう体力もありません なんかこの日記このところ、ぼやいてばっかりの気がしますね お昼から麹米の蒸しもしました 浸漬だけして蒸しをし、室に入れるとあとは電話で指示すれば大丈夫かなと まあ写真とかも見れるしね 写メとかで あんまりよく分からないけど本当は 出荷するものもかなりあって夕方から宅急便さんが集荷にくるまではもう大変 新酒も出たので注文いただいておりありがたいです いろいろがんばらないとね 


きりっとした顔(ねこの方)
1212.jpg

PageTop

日曜日は見学

12/11(日)
朝、ちょっと小雨 佐野のしいたけ祭りへ樽を届けます 三好市と四国中央市の境界、つまりは徳島県と愛媛県境になるのですが、ここで毎年しいたけ祭りがおこなわれます ここで毎年、鏡開きをしてもらっているのです 朝は小雨でしたがだんだん空が明るくなってきたのでお天気は大丈夫そうです 会社に戻って蔵の2階を思い切り掃除 高圧洗浄機を使っての掃除は久しぶりです 普段はモップでふいたり、ほうきで掃いたりだけなのでけっこう汚れてました 毎日これくらいきれいにしておけばいいのでしょうけどね なかなかできないなあ 蔵によっては本当にぴかぴかのところもけっこうあるので見習いたいものです 先日お邪魔してきた旭若松さんの蔵はすごくきれいでした 今日は午前中は池田小学校のオープンスクールでしたが、結局行けなかったです お昼は綾音は出かけていて、胡春は学校でお弁当 織絵と奥さんとうどん屋へ行きました 掃除でびちょびちょだったので寒かったからちょうど良かったです 3時半にバスが来る 今日の見学は海外の旅行会社やジャーナリストの方たちを徳島県が招いてのモニターツアーです フランスの方もいらっしゃるということで、地域興し協力隊の上條さんも来られる 上條さんはフランス語が堪能なのです 蔵の案内をさせていただき、その後、試飲をしていただく 市の方や、ホテルかずら橋の社長なども同行されて来ていらしておりましたのでけっこうな人数でした お茶の接待もして、また胡春に手伝いしてもらいました 晩ご飯は久しぶりにたこ焼き たこ焼きおかずにご飯を食べてしまいました 炭水化物+炭水化物 まあたまにはいいかもね

試飲の様子
1211-1.jpg

たこ焼きの様子
1211-2.jpg

PageTop

土曜日は営業

12/10(土)
今日は土曜日ですが会社は営業日です 今日は火入れの純米吟醸を詰めます 純米吟醸もほとんどが生での出荷ですが、火入れも一部あります 主に輸出と県内史上向けになります もちろん火入れは火入れの良さがありますのでこちらも推し進めていきたいとは思いますが、小さい蔵ですので製造量もあってなかなか振り分けが難しいですね もうすでに新酒は何種類か出ていますが、「初しぼり」といった旬のお酒も必要なわけで、どうしていったらいいのか悩みます 蔵の方向性としては原料米により純米生、純米吟醸生を順番に出していくという形が望ましいですし、販売していただいている小売店さんもそういったご案内をさせていただいております が、地元のスーパー、百貨店といったところへの商材はまた違うのですね あまりたくさんの商材を分けて出すような大きな会社でもないし、時間も無いしで考えてしまいます できれば自分の思った形ですべて販売できれば良いと思うのですが、なかなかそうはいかない現実です そういえば、昨日たまたま夕方のニュースで川鶴さんのミカンのリキュールの紹介をみました おいしそうでした 明日の見学のためにテキストなども用意します 明日はまあ通訳の方も同行されるとのことなのであまり心配はないんですけどね 酒造組合中央会の出している英語のパンフレットがけっこう役に立ちます やはり専門用語も多いため、通訳の方も割と訳しにくいというか訳せない場合も多いのです 特に、麹菌と酵母という2つを使った並行複発酵というのが説明しずらいですね 夜は少し買い物があるので、綾音と胡春とともに出かける 奥さんと織絵は別のチームですがバレーボールの練習 途中、百均の店にも寄ってレインコートとレインズボンを購入 蔵の掃除で高圧洗浄機を使うとびしょびしょになるので買いました なんかすぐ破れそうですが

ふとんで寝ています
1210.jpg


PageTop

金曜日はチョコレート

12/9(金)
発送するのを忘れていたものなんかがありちょっとあせる 今日も仕込みなし、というか12日まで米が無いからしょうがない 自分の無計画さにあきれる とはいえ来週また上京するのでやることはやっておかないと大変です ようやく阿波山田錦もできあがり一段落といきたいところではありますが、もろみもまだありますし、今年は12月も引き続き仕込みをおこない、年またぎのもろみもできてくるなという予定です 朝のうち、必要な商品を詰める準備をしてから、10時半に会社を出て、御所ロータリークラブへ 阿波池田ロータリークラブの近藤さんに車に乗せていってもらう 鴨島駅のすぐ近くでした 来年2月の池田のIMの案内をする すぐに帰ってきて仕事 なかなか忙しいなあ ここのところなんだか疲れがたまってふらふらする もっとがんばらないといけませんね 帰ってきたら大量の出荷の準備はほとんど終わってた 今年は全然手伝わなかったなあ 酒母の様子を見て、暖気を入れる 今日などは山の上は白いものがうすく積もっている 朝は零度くらいでしたね 雨が雪に変わるかもしれません もろみを冷やしている冷水機を止めるかどうか迷うところです まあ止めない方が安定はしてるような気がしますけど、電気代も馬鹿にならないですからね 夜になったら止めようかな もうすでに温度設定高めの冷蔵庫は中も外も変わりません 冬場は順調に冷えれば電気を使うこともなくいけるのですが、やはり考えなければならないのは夏場の冷蔵庫の電気ですね これだけ節電を言っているのですから何か考えないとね でも世の中には冷蔵や冷凍しなければならないものは山ほどありますよね それこそ冷凍食品とかは保管は冷凍だけど、じゃあ無くせるかと言えばそんなことはできないし 要は電気を使っても必要だねと思ってもらえるものを造っていかないということかな 先月に酒造り体験に来てくれた大阪の知り合いの方がゴディバのチョコレートを贈ってくれて、子供たちが感動していました ものすごく高そうな箱に入ったおいしそうなものでした ありがとうございます

1209.jpg

PageTop

木曜日は新酒

12/8(木)
生来ののんびり気質でなかなか仕事がすすみません というなんか坊ちゃんのような書き出しでしたが、実は本当にのんびりしすぎて仕事がまわりません 自分ではのんびりしていないと思うのでが、ありとあらゆる事が予定より遅れていくのです そのせいでなかなかやりたいこともできません 今日は三好高校の生徒さんが終日来られました まあ朝は9時くらいなんですけど いまちょうど原料米の狭間で米がないのです もろみと酒母はありますがそれほど手がかかるってわけでもありません まあそののんびり加減がこのようなことになっています 原料米は確保はできているので安心していたら、精米工場が混み合っており精米がそんなに早くできないのです 毎年、各蔵仕込みが早くなってきているせいもあって、次の米が12日に来て、また20日くらいに来てという感じです もっとはやくからしっかりとした計画が必要ですね 高校生の子たちは蔵も見てもらいましたが、ちょうどお酒の箱詰め作業というものがあるのでそちらを助けてもらいました 人数がいるとはかどるもんですね 高松鑑定官室から、冬の間に麹を見に来るとの手紙 昨年はアルコールの測定について全部の蔵をまわったのですが、まあそれはそれで意義のあることだと思いますし、税金に関わってくることですからしっかりとした測定をするよう指導するのはいいかなと思います ただ、麹の造りについて全部の蔵をまわっていったい何をするのでしょうか 蔵というか杜氏によってそれぞれ造りも違いますし、流儀もあるでしょう ベテランの杜氏さんとちがってそんなに流儀みたいなものはありませんが、僕にだって自分なりの麹造りがあります これは原料米の銘柄によっても変わってきますし、仕込む酒の内容によっても全然変わってくるものです それを一律に指導してみてもあまり得るものは無いような気がします 全部の蔵に絶対行きますとありましたが、予定とかは変わってくるものですし、対応で時間を取られるのははっきり言っていやです 雄町と山田錦でもずいぶんちがうし、うちの蔵はかなり変わった麹の造りをしているのでなんか指導されてもいやだし 昼間はけっこうばたばた 8時に新しい音楽ユニットを結成すべく2人が来る とりあえずご飯でも食べながらこれからの構想を練る おもしろいことができそうだ 僕を含めた3人のユニットですが実は共通する何かが3人にはあるのですが内緒です

1208-2.jpg


あと新酒、阿波山田錦特別純米やっと出ました 12月1日予定だったのに
また、おりがらみ限定品は麻理絵ちゃんラベルです よろしくお願いいたします
1208-1.jpg

PageTop

今日は徳島市内

12/7(水)
今日は仕込みはありません 12日まで米が来ないんです でも来るときは一気に来ますんで置く場所も考えとかないといけません 昨日は搾りが結局かなり時間かかってしまいましたが、朝には終了 今日もお酒を詰めないといけません あと、上撰の詰め残しがあるのでそちらも片付けると 今日は午後から徳島市内の阿波観光ホテルにて、第43回商工会議所会員大会というものがあります 普段はあまり出席したことがなかったのですが、実は今回意見発表というものを仰せつかっておりまして、出席します 徳島県内には6カ所の商工会議所があり、僕が所属する会議所は当然ですが、阿波池田商工会議所というところです ここで常議員、青年部で副会長をさせていただいております 今回の発表は主に「酒まつり」による地域興しといった内容でしたので、僕にお鉢がまわってきたのでした 意見発表そのものは用意していただいた原稿を基に自分の言葉で話して良いということでしたのですぐに終わりました 飯泉徳島県知事もいらしており、各会議所の発表に対して細かな意見をいただきました 県内の細かな場所のことでもはっきりとした意見と方向性を語られたのでびっくりしました やはり知事になるような方はちがうなあと思いましたね 終了後には声を掛けていただきありがたいことです 徳島の地酒の新興についても常日頃いりろとご協力をいただいており、感謝いたします 懇親会中に徳島そごうへ移動 徳島新聞カルチャーセンターの杉井さんの講座兼忘年会があるのです 昨日搾った新酒を1本持ってきました 忘年会もかねているとあって最初から飛ばし気味です 今回は新酒の生酒特集という感じでした 場所はそごうさんのレストラン街のやぶそばさん やぶそばさんでは、菊正宗のお燗酒がでます この酒も生酛造りで丁寧に造られたお酒ですね 今日はいろいろと忙しかったですが楽しかったです 11時に帰宅 酒母ともろみの様子を見る 麹米は来週まで一旦お休み中です 毎年12月の仕込みはあまりしてなかったのですが、今年は酒も無いので続けて仕込みをする予定です 肋骨も極端なことをしない限りそれほど痛くなくなりました くしゃみもできます

飯泉徳島県知事
1207-2.jpg

やぶそばさんにて忘年会
1207-1.jpg

PageTop

忙しいときは重なるもんです

12/6(火)
今日は留めの仕込みと酒母を新たに立てます これで7本目ですか これは2本目の雄町になり、その次は播州山田錦等外の酒母です 等外は最初に65%の壱を立て、その後続けて60%もします
今日は上撰の瓶詰め なんと1200本ほど 向かいsは普通に2000本とか詰めていましたけどいまや1000本超えると多いなあという感じ 父の知り合いの会社が毎年お歳暮に使ってくれていますので多めに瓶詰め ただ、今日は仕込みもあって、それも留めの仕込み、酒母も立て、さらには搾りまであるという集中しちゃったなあ 人がいないのでなるべく散らしているのになかなか思い通りになりませんね 瓶詰め準備のため、搾りは一人でやります まあそうは言っても袋しぼり以外は機械ですからなんとかなるのです もろみも攪拌しないといけませんがそこはそれ、攪拌機を入れます 他のことをしたり、お昼の時間ロータリークラブに行ったりしていたら、かかるのが遅くなってしまい、搾りはじめがもう夕方 ラベル印刷やデザインなどもしつつもろみを見る まあ良いお酒になりました ずっと冷やし続けてましたけど 後半寒くはなりましたが、やはり昼夜の温度差が激しく、結局は冷やす感じでした まあ雑味のない酒になりましたね 結局なんだかんだでもろみが入りきったのが11時 ちょっと段取りを間違えました まあでもお酒の仕事ってこんなもんです 一人なので気楽だ

なんだかんだでもう4本目 これは阿波山田錦
1206-1.jpg

PageTop

月曜日はパニクる

12/5(月)
今日は仲の仕込み 今日からまた前働いていたベテランの方に来ていただくことにした まだまだお元気です このところ体調不良や怪我ばかりで余裕がないのでちょっと考えを改めました やはり余裕がないと何もできない 当たり前のことを大きく言いましたが、余裕ってあまりあるのは良くないと普段考えておりますのでちょっと考え直すことに いつもかつかつでしているので、というかそういうのが好きなのかもしれないけど まあ怪我とかしたら馬鹿馬鹿しいのでお手伝い頼みました 今日は本醸造の瓶詰め 本醸造はほとんど県内だけの消費ですね たまに送ってと言われて送るのですが、普通の本醸造です 協会9号だし でもとなりのもろみとかが徳島酵母なのでほんの少しくらいは影響受けてたりして でも協会酵母の方がずっと強いのであまりそれもないような気がします 今日は午前中から瓶詰め 麹も見たらもう少しだったのでお昼まで寝かせておくことにしました 明日は搾りもあるのですが、上撰の瓶詰めもあるので今日のうちにできることはやっておかないといけません 今回搾るのは阿波山田錦の特別純米です やっとできました 12月1日に出す予定だったのですがなかなか言うことを聞いてくれませんね でもできはけっこう良い子です 袋搾りと直汲みとおりがらみの3種類を出します 袋と、おりは限定になります ラベルも限定仕様になりますので楽しみにしてくださいね なんだかばたばたとした1日 やはり月曜日は忙しいですね あと発送を頼まれているところなどのお酒を整理する まずいなあどんどん仕事をしないとね 明日の留めの米を洗う 明日は急遽、上撰の瓶詰めもおこなうため準備しておかないといけないものがたくさん なんかパニクって日記に書きまくっています ラベルデザインもほとんどできているのですがJANコードを作成したりまだまだ細かいところが残っております 夜は藪下くんが来てレコーディングをする Hacky-MEIのオリジナル曲のレコーディングをおこなう けっこう1日でほとんど録りおえた 

夜中に見に行くときれいな泡になった
1205.jpg


PageTop

日曜は外出

12/4(日)
今日は仕込みそのものは踊りの日なのでお休みです が、なぜか4時とかに起きて麹米を見てみたり冷水機の設定をいじったりと何をしているんでしょうか 今日はまあ明日の準備もあったりでばたばたとするからまあ早めにいろいろしておくと楽なんですけどね 朝からいろいろして疲れたので朝風呂に入ったりして この仕込みが終わると何日か空きがあるのですね 今の時期はけっこう精米が立て込んでおり、うちみたいにのんびりしているとどんどん後に送られるのです まだ雄町も来ますし、播州山田錦の等外も大量に入荷してきます まあ米を置く場所は何とかできましたけどこれを全て仕込んでいくと思うと楽しみなような怖いような おかげさまで新酒を待っていていただける方がたくさんいらっしゃるようでとてもうれしいです うれしいですけどプレッシャーです まあでも自分のお酒を造るしかないですものね 家内の実家の小松島市へちょっと出かけることになりました 久しぶりです 今日は子供たちも特に大きなこともないのでみんなで出かけます やはり池田町と違い体感温度が4度か5度くらい違うなと思いました 今年は変な天候ですが、さすがに最近は冷えてきましたので余計感じます 小松島の家の庭できんかんを取る 帰ってきてから麹の手入れと冷水タンクの清掃をする 明日の準備もある 洗米をして絞り機の掃除もしたり、なんだかんだでけっこう遅くなってしまった 

1204.jpg

PageTop

土曜日はなんとか持ち直す

12/3(土)
昨日はなぜか熱が出たりとびっくりしましたが、朝起きると全身のだるさと痛みはかなりひいております よかったなあ 今日は酒母も下ろさないといけないしいろいろ発送する商品もたまっているし 寝込んでいる場合ではないのです 昨日の夜は結局起きられなくて洗米ができなかったので仕方なく朝に洗米 米の様子を見て蒸すことにしました まあなんと利口なお米たちできれいに洗えてさらすこともなく大丈夫な様子です うれしくなってすぐに蒸しました 今日は土曜日ですが営業日なので従業員の子に手伝ってもらい、室へ多少引き込み、残りは床でさらすことにしました 時間的に少し遅くなってはいますが明日は踊りですのでまあ調整できる範囲です 自分の都合で仕込みの時間を変えてしまっていますがまあこのあたりはアレンジの範疇ということでお許しを うまく育ってほしいものです 夕方までには完全に酒母を下ろして仕込みも完了 まあよかったです 日程の変更は極力さけたいですね いろいろと仕事や出張、瓶詰めなどで日程を決めておりますのでちょっとずれるとなかなか直せないのです 夜は近所の酒を販売しているところの酒担当さんが来る お歳暮でセット商品をオリジナルで出したいとのこと お歳暮に限らず年末年始はまあお酒の動く時期ですから相談してセット内容など決める でも半分以上は音楽の話などしてしまう まあそれでもいいかな なかなか良い企画ができましたよ あと終わってからまた室へ 麹の具合はなかなか良さそうです いつもと置いてある時間が違うのですが、ほぼ同じ感じの感触になっています これは大丈夫だなと感じました 明日は日曜日だなあ

1203.jpg

PageTop

金曜は体調不良

12/2(金)
今日は細かい瓶詰めなどをこなします 年末とあってけっこう注文いただいておりますがなかなか人でも無くこなせません もう少し蔵の中を効率的にすれば良いのですが古くからのものと新しいものが混ざっておりなかなかまとまらないです 根本的に改造すればいいのでしょうがお金も時間もないのですね 特に蔵の中は要らないタンクを出してしまいたい そしてそこに大きな冷蔵庫を置きたいなあ 生中心の蔵はどこでもちょっとした体育館なみの冷蔵庫を持っています うちも3カ所に分かれてあるのですがまだまだ容量的には足りない状態です 午後から税理士の先生が来られる これからの展開などを相談する 日本酒メーカーの場合12月1月2月あたりがコアな時期で製造もそのあたりにしたいし、販売も多いのですね でも原料米というのはほとんど先にお金を払わないといけないので一気に資金が必要となります 今月はこれが売れたから来月はこれを増やそうといった管理ができないのです 冬に計画して生産したものを1年通じて販売するので予測がたちにくいですね まあそれも経営者の手腕なんでしょうけど まあ経営者の手腕なんて持ち合わせていませんので苦労しております やはり今のほとんど1人で製造している状態ですとなかなか難しい面もあります が、なんとかこの状態でいろいろとチャレンジしたいと思ってます ぼちぼち頑張れば今の体制でも1000石くらいは製造できるのかなと思います ただそれにはある程度の設備が必要です 空調であったり冷蔵庫であったりと設備投資が必要ですね なかなか厳しい世界です なんか今日はぼやいてしまっておりますね 夕方くらいからなにかひどい悪寒に襲われ家に戻ったものの寒くて寒くて なんか体調が急激に悪くなりました しょうがないのでこたつでじっと寝ておりました こたつで寝ること自体があまり体調管理できてないですね 
もろみは順調にいっておりますよ
1202-2.jpg

寝ていたら猫が心配している(してないか)
1202-1.jpg


PageTop

イルミネーション点灯式

12/1(木)
今日からいよいよ12月ですね 早いものです この1年いろいろありすぎてなかなか振り返ることもありませんが、前に向いていくだけです 今朝も麹米の蒸し このところ米の感じをつかんだのでまいい感じです やはり原料処理と言うか、洗米、浸漬あたりで蒸しが決まってしまい、さらにその蒸しで麹も決まってしまいます 麹の出来はすなわちもろみの出来に直結していますので何かまずいとすべてこれうまくいかないと言う感じですね 今週末にまた仕込みをおこないます 今年は12月の間もずっと仕込みをする予定です 昨年までは出荷もあったので12月は仕込みは一旦止めていたのですが、今年はがんばってしようと思います 午前中は昨日の続きの純米酒の瓶詰め このところ瓶詰めラインでトラブルがけっこうあるので心配です だいたい忙しいときに調子悪くなりますからね 
今日は朝から雨なのですが、地元池田でのイルミネーション点灯式というものがあります 野外ステージですので開催が危ぶまれるところですが、小雨決行とのことなので、午後から準備に行きます 2時ころからオープンステージでバンド演奏 昨年はDECOPONというバンドで出たんですが今年は、ANISON-SHSというバンドで出演 と言っても私たちのバンドだけなんですけどね 小雨混じる中演奏 寒かったです メンバーは平日なのでわざわざ休みを取ってもらっての出演、ありがとうございました 以降、池田小学校の吹奏楽、池田中学校の吹奏楽、オープニングセレモニー、餅投げへと続きます 6時半から、酒まつりの前夜祭のイベント企画について打ち合わせ 今までは祖谷とか大歩危のホテルでしていただいて、今年もそちらで計画もあるのですが、池田銀座商店街でも何かしたいとの声をいただきました もともと予算も無いのですが、まあ手作りでなにかできればいいかなと ある程度打ち合わせしてから、そこのメンバーで蔵の見学にきてもらう ちょうど麹も酒母も、もろみもあるので一通り見ていただいた 
1201-4.jpg

1201-1.jpg

1201-2.jpg

1201-3.jpg

PageTop

もう11月最後ですね

11/30(水)
今日は麹米を蒸すのですが、午後から三好高校の生徒さんが来られるので午後から蒸します 三好高校の研修も思い返せばはや4年め 最初の生徒さんはすでに成人されていますね ご近所の蔵に就職した生徒さんもいらっしゃってとても良いことですね 午前中は純米酒の濾過 これは完全に地元用のお酒で五百万石です 特に地元用と分けているわけではないのですけど、県外の場合、やはり生酒の比率が高いのです 地元では流通や保存の関係もあって火入れの商品がほとんどなのです 生原酒というジャンルは一見確立しているように感じますが、ローカルではまだまだ浸透していないのが現実です 冷蔵設備などで品質管理をきっちりとおこなわないと難しいですね それに都会とちがって回転率も悪く、特に日本酒は劣化が早いのでよけい難しいですね それでもすこしづつ、広まっては来ているかな 午後から生徒さん3人来られて蒸し 今日は60キロだけです 蒸した米を室に引き込みました ちょうど室の作業をしているときに読売新聞さんが取材に来てくれる 三好高校のお酒について もう毎年の話題にしていただけるほど浸透したということでしょうか 毎年年末に高校の生徒さんの手伝っていただいて仕込んだ「大地の夢」という純米酒を販売させていただいてます 室の作業のあとは純米酒の瓶詰め作業も手伝ってもらう 人手のないうちにはありがたいことですね 1月2月くらいまでの新酒スケジュールをFAXでお得意様に送信 搾る日が決まっていないので大まかなスケジュールですが送らせていただきました 今年も同じようなラインナップではありますが、新しい試みももちろんしますのでご期待ください 

出来上がった麹を見る
1130.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。