ワイルドサイドを歩け  杜氏日記

徳島の小さな日本酒の蔵元の日記です 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日曜日は掃除デイ

1/29(日)
今日はまあ休みなんですが、相変わらず織絵はバレーの試合です 朝東みよし町のふれアリーナまで送っていきました 帰ってきて麹の作業 床へ移して、出来上がったものを出麹しました 量が多いのでちょっと出す場所に苦労しましたがまあ大丈夫 今日は奥さんもバレーボールの大会ということで、こちらは脇町のうだつアリーナ なんか最近の体育館は何とかアリーナという名前で格好いいな アリーナと聞くとものすごく大きなものを想像しますけど、普通の体育館です 昨日の夜は実は4時くらいまで蔵で掃除したり分析したりいろいろとうだうだしておりましたので眠い 取りあえず一回寝ることにしました 昼前に胡春に起こされる 綾音は去年行ったアメリカ留学に集まりというかお食事会なので、胡春と近所へ買い物 100均で胡春のレインコートなどを購入する お昼を食べてから、胡春に手伝ってもらって蔵の掃除 洗浄機でけっこう豪快にやりました そんなに汚れているとは思ってないのですが、やはり洗浄機を使うときれいになります 2時間ほどしてから、今度は荷物の発送準備 梱包して宅急便まで持って行きました 結局、夜も洗米と麹の作業 掃除の残りをしました 床の排水が良くないので、豪快に洗ってしまうと水が残るのでそれを取るのが大変でした 床が経年の疲れで傾いてしまっているので、排水口が低いところにないのですね これはもうどうしようもなくモップで拭き取り、搾るの連続です でもまあきれいになって良かったな

胡春が大活躍
0129.jpg


スポンサーサイト

PageTop

中華そば

1/28(土)
今日は月末なので会社営業日です 今日も仕込みをします 昨日は玉栄といううちでは今まで使っていない品種の添え仕込みだったのですが、今日はまた山田錦に戻ります 同じように見えて仕込みというか、仕込みをした後の状態も違いますね まあもちろん原料米が違うので当たり前ですが、違った米を並行して仕込むとその違いが良く分かります 山田錦は踊りもよく踊って溶けますけど、五百万石などは山田錦に比べると踊りもあまり沸かない感じですね 品温はほぼ同じでも勢いも違います うちの酒の特徴を出すために玉栄は2日踊りにすることにしました まあ時間をずらしてするので、実際には1日半踊りくらいでしょうか まあいまの気温だと秋口の踊りとは全然違います 秋の1日の踊りだと今の2日よりも溶けているのではないでしょうか この踊りは、あまり強い酵母ではない徳島酵母には非常に大事な要素ですね あとはまあ酒母は速醸というところでしょうか 今日は織絵はいつものこどでバレーの試合 胡春は鳴門で音楽会(小学校のブラスバンド発表会)です 奥さんも今日はそれを見に行ったのでお昼は綾音と2人 また八千代食堂へ行く 行くと地域おこし協力隊の藪下くんと下川くんの2人がいた この24日の酒まつり前夜祭のちらしを配っているそうです 
お疲れ様 今日は綾音も中華そば 午後からは蔵の掃除 全面的にしようと思うので逆にいつも途中挫折しているから、取りあえずできるところからはじめる 夕方から寄るは疲れ果ててこたつで寝てしまう 夜は綾音と胡春と一緒に四国中央市までちょっと買い物 レンタルDVDが旧作50円というのが1月中に終わってしまうのでまとめて借りる まあ酒造りの合間に見たりします

八千代食堂の中華そばです
0128.jpg

PageTop

早くも週末か

1/27(金)
えーと今日も仕込みです 今日は上撰という普通酒の瓶詰めを予定していたのですが、新酒の発送もあって在庫無いものもけっこうあったりして延期します 明日は会社営業日なのでまあ明日にしようかな 来週はまたパックの詰め朽ちもあるなあ うちでは本当に地元だけなのですがパックの商品もあります なぜあるかというとけっこうこのあたりは山間部というか山なので処理が楽なんですね 燃やせるし 今でこそパックのお酒というと安い酒のイメージばっかりですが、最初は安いというよりはお手軽という部分が強かったような気もします その辺がまあ売るのもお手軽で、安売りの目玉みたいになってしまったのでしょうけど 確かに価格競争している安いものはかなりひどいものもありますね このあたりどう考えるかは難しいところです うちがパックをはじめたのは、大手がパックを発売し一気に攻勢をかけてきたのでしょうがなく出したというところでしょうか うちのものはけっして価格はそう大して安くはないのです 打ちが出さないと他のメーカーのものが売れるということですね 狭い販売地域の中でパイの取り合いがおこったからですね そういった攻勢にも負けない魅力ある酒造りをすればいいのでしょうが、なかなか普通酒でそれほど差が出ないというのもありますね 5時からは愛媛の知り合いの蔵へちょっとだけお邪魔する どこも今は厳しい中で仕込みをしておりますが、たまに会って造りの話などすると非常にやる気も出て良いですね 同業者って難しいと思うんですが、造り手としてお互い、技術研鑽していくことは非常に前向きで良いことだと思いました 販売の方法などは、本当にお蔵によって違いますからなんとも言えない部分がありますが、同じ日本酒を造るという観点から考えれば、いわば同士のようなものですから話もはずみます 帰ってきて麹の作業 明日の洗米も このところ寒すぎるので朝方に洗米したりしておりましたが、ちょっと工夫をして夜に洗うことにしました 朝ばたばたしなくてすむし

0127.jpg

PageTop

新しい試みはどうなるかな

1/26(木)
帰ってきてから体調がどうも悪いのに仕事山積み状態 とりあえずからこなしていかないとしょうがないですね 仕込みも酒まつりもあって、無理な仕込み体勢になっています まあ人が少ないのでちょっとづつ仕込みをしているのですが、日程的にもそうも行っておられず強行的なスケジュールです もともと土日とかこの時期は関係無いですがさらに日曜日とかひどいことになりそうです じわじわできる作業とぱっとしなくてはいけない作業があるのでまあ人手も必要ですね この土日は家族総動員かけなくてはいけないなあ 麹の置き場にも困るんです 変なところに置くとまた進んでしまったり、水分を吸ってしまったりと、麹はまあ置き場があって湿度温度ともに制御できれば一番いいですね 良い麹を作ってもその後の処理で台無しというのではもったいない 午後からは、徳島県工業技術センターの岩田先生が来られる まだ大吟醸とかに全然かかっていないので、とりあえずの麹やもろみなどを見て頂いた 特に問題はなさそうでよかったです もろみがかなり酸を出す造りですが、このところ純米では特に、いかに良い酸を出すかみたいな風潮がありますよね 確かに酸は非常に重要なファクターではありますが、これまたなんでもかんでも出せば良いってもんじゃないよと思うんですね 酸の切れで日本酒の味をコントロールみたいなところもありますが、味と酸の関係はそれほど簡単なものではないと思うのですね じゃあ、おまえは分かっているのかと言われれば、勉強中です、と答えるしかないのですけどね かなり辛口のごつい酒には酸、特に乳酸がきついとなんかきつい酒になりますね これもまた他の酸や日本酒度などで非常に細かく変わってくるとは思いますが

新しい米です
0126.jpg

PageTop

帰ってきたよ

1/25(水)
蔵で酒も待っていることですから、今日は午前中に一件だけ用件をすましたら会社に戻ります この寒さではあまりもろみもすすんではいないでしょうけど、風邪をひかせてもいけません 風邪をひくというのは、極端に気温が下がり、それにともない品温も下がってしまい、発酵が腰くだけになってしまうことです また発酵の勢いを取り戻すのにけっこう時間がかかりますし、まああまり良いことはないですね ニュースでは四国でもけっこう雪が降っているそうなのであんまり遅い時間だとJR四国もちょっと止まったり遅くなる可能性もあるので、一応緑の窓口で調べて切符を取りました 新幹線で岡山へ向かい、そこから南風で阿波池田へ 帰ってきたらこちらでも雪が積もってました 今年は寒いですねえ 出張に出ると愚痴を書く余裕が無くなって普通の日記になっておりますね もろみも酒母も良い子にしていました 安心です 明日の分の洗米をします 水温が2度です こういうときの浸漬時間が難しいですねえ 暖かいとまあ良く吸うので短くはしますけど、水温低くてもある程度は吸うのでそこからどれくらい時間を延ばすかが難しいです 麹も造り溜めして干していたのですが、特に問題ないようで安心しました 

元気で安心した
0125.jpg

PageTop

出張2日目

1/24(火)
朝起きると降ってはいないですがかなり凍っている状態 駅まで恐る恐るゆっくり歩く ブーツなんですが、このブーツがまた裏がつるつるでめちゃ滑るんですね 今日は東京八重洲です いろいろと商談をすすめる 今後のことも話をする やはり1年間通した出荷計画が必要ですね 今は在庫との感じを適当に考えているので出荷計画をもう少し細かく練る必要がありますね 東京駅のお得意様に寄る 年末から商品は来ているのですが、ご挨拶をしにいく それからももう一軒お邪魔する この時期に上京することはほとんどないので、冬の東京は寒いなあと思い出した 学生時代とその後少しだけ東京にいましたのでまあ寒いなあとは分かっていたのですが、けっこう薄着で来てしまって寒いです 夜はまた新宿方面へ

まだ凍ってます
0124.jpg

PageTop

東京は雪

1/23(月)
久しぶりの高速バスはあまり快適ではなかったです 前によく乗っていたころはまあそんなに苦ではなかったのですが やはり歳なんでしょうか このところ胃が痛むことがけっこうあって、うすくその感じが続きあまり寝られなかったです 体調が悪いときはけっこう厳しいですね なんだかんだで品川到着 あまりにも時間が早いので妹のところへ向かう こういうときは漫画喫茶とか言いますが、あまり行き慣れてないというか、田舎に無いというかなのであまり行く感じではないですねえ まあ時間つぶしにはなるんでしょうけどね 妹のところで一休みして、着替えて出かける 午前中は早稲田方面へ 午後は新橋 まあ今回の仕事はほぼ終了 妹から言われていたので、荒木町のオールザットジャズさんにお邪魔する 知り合いの方もたくさんいらっしゃって驚かれた そりゃあ、この時期に杜氏が東京にいるなんて普通ないですよねえ もろみも酒母もほったらかしなのでちょっと心配ですけど そこから新宿へ移動 そのころにはありえないくらいの雪 新宿の店を出たころには完全に積雪 2回くらい滑ったことは内緒です なんとかタクシーと捕まえて帰りました


すごい吹雪
0123.jpg

PageTop

少しだけ行ってきます

1/22(日)
今日も会社休業日です 朝は麹は出麹 ちょっと2日ほど会社を空けますので、外に広げました まあ寒いから2日くらいは大丈夫でしょう けっこうしっかり作った麹なので大丈夫かな 今日も朝から事務仕事というか計算 今日はある程度までしておかないとまずいので必死でやりました 今日の夜のバスなのであまりゆっくりもしていられません 今日も織絵はバレーボール 毎日大変だ 24日にとある場所で会が開かれるのですが、そこでマイクのPAを頼まれたのですが、その日は出張なので今日セッティングだけして、他の人にしていただくということになりました 4時から会場でセッティングなので、その準備もしておかねば MSFで使用しているJBLのモニター4本とメインアンプ2台ですることにしました 普段自分の部屋に置いてありますので取りあえずは外に出さないといけません これがモニタースピーカーとは言えけっこう重いんですね 午後からは機材を家から搬出する準備 近くの会場とはいえ忘れ物があると面倒なのでケーブル類も全部用意する 今回は人数も多い会なので前に2つ、後ろに2つと前後からのPAです 前だけいくら大きくしても後ろがいつも聞き取りにくい感じでしたので一応 4時から搬入してセッティング 一応音だし確認 家に戻って出張の準備をする まあそれほど持っていくものも無いのですが、参考のためにラベルの見本をいくつか持っていくことにする 適当に今年のラベルを出力 6時半に家族で家を出る なんだかどうも体調が優れずZっと寝ておく 高速バスは20時45分発 では行ってきます

機材の準備(つぼは違う)
0122.jpg

PageTop

一週間早いなあ

1/21(土)
今日は会社休業日です まあ朝は麹や酒母の作業があります 今日はまあ少ない作業なので一人で大丈夫です 寒いので酒母に暖気を入れておくのですが、朝には冷え切ってしまい逆に冷やしてしまってるのではないかと思い、朝一には抜いています かなり進んだのであまりもう心配はないような気もします 今日も次女の織絵は朝からバレーボールの部活 一年生でも出してもらっているからまあ張り切っているんでしょう 頑張れ 三女の胡春と奥さんもバレーボールの試合で出かけていません 今日は綾音だけです 蔵の作業を終わってから、一回家に戻り、それからまた午前中は荷物の発送 3件ほどの荷物を作って発送しますが、昨日のうちにけっこう下準備をしてくれていたのでまあそれほど手間ではなかったです お昼は綾音と八千代食堂に行く 久しぶりに行きましたがおいしかったです ここは池田町でも老舗の食堂でなんでもおいしいですけども、僕のおすすめは中華そばと鍋焼きうどんです まあお店のおすすめそのままですけど 池田町の銀座商店街の中にありますので、よかったら行ってみてくださいね 妹の同級生がお手伝いしてます 昼からは事務仕事を済ましてしまおうと思いますがこれがなかなかすすまない もう頭がだいぶ鈍くなってきてますね 数字はもともとそれほど得意ではないのです 数値的なものよりは感情的なものに惹かれます 日本酒造りはけっこうこの2つの融合的なところがあると僕は思っているのですが、どうも悪い癖で情緒的に流されてしまうところがありますね もう少し数字に基づいた理論的な酒造りもあっていいのかなと思います こういう物作りってどうしても癖というか、個人的な何かが介在してしまうのですが、目標とするものに対してはそういう感情的な部分は極力抑えて行く方が、完成度は高いのかなと まあどこをもって完成とするというところが難しいですけどね 夜は友達のバンド33CUSTOMのレコーディング 一応ちゃんとしたマイクを立て、順序を踏まえレコーディングですが、このバンドのすばらしいところ、勢いをいかにレコーディングするかという部分があるので、リーダーの吉川くんの希望でもあるので、基本バッキングの演奏は、ドラム、ベース、ギターの3つは同時録音でします クリックも無し ですが、さすがすばらしい演奏でした それほど困らずにレコーディング完了です 今日は2曲をほぼ録り終えました 最終4曲か5曲にします 楽しかったです


レコーディング風景
0121.jpg

PageTop

はやくも金曜日

1/20(金)
週末ですがまだまだ忙しいです やっとのことで山田錦の等外米がしぼれます 年を挟んだお酒になりますが、年末年始思ったよりもかなり寒くなり、当初の予定よりもかなり遅くなってしまいました 
午前中から搾りははじめてますがけっこうもろみがねばい感じで時間かかりそうです 今日は午後から徳島市内へ向かいます ちょっと深刻な話もあったりして気が思いのですがまあ前に向いて進むしかないですね 用件の帰りに工業技術センターへ向かう また酵母をいただく 徳島県内の他の蔵も酵母を取りにきているのですが、これまた皆さんけっこういろんな種類を使ってますね うちの場合は普通酒、本醸造は協会酵母ですが、あとの特定名称酒はすべて徳島酵母になってます まあ相性もいいし扱いが分かっているので当面はずっとこれでいこうと思います あまりたくさんの種類の酵母を使い分けるほど器用ではないので1種類でいきます 帰りはけっこう早く帰ってきました 日曜の夜から出張なので麹を造っておかないと帰ってきてからまた時間がかかってしまうのですね なんだか来週東京もこちらも寒いみたいなのでいろいろ対処を考えておかないとなあ 普段はあまり厚着というものをしないのでちょっと苦手です 高速バスのチケットを予約しました ネットで調べたのですが、愛媛県の新居浜市を出て東京に向かうパイレーツ号というバスなんですが、ネット検索に水樹奈々というのが出てきて見てみますと 彼女は新居浜市出身で上京するときにこのパイレーツ号で上京したそうなのですが、上京するために乗車したその日がまさに阪神大震災の日だったと書いてありました まあもちろん夜のうちに関西は抜けてもうほとんど東京というところだったのでしょうけど、まあすごい話ですね まあびっくりしたのでちょっと書いてみました 愛媛もそうですが、けいおん!の主人公の声優さんが徳島県出身ということや、アニメの会社があるということで、いま、徳島県はアニメ押しなのですが、あまりアニメを見ない僕にはよく分かりません 効果あるものなのでしょうか 食材でも観光資源でもたくさんあるのでそちらで押せばいいのにと少し思いました アニメと言えば子供がNHKの日常というアニメを見ていたのですがけっこうおもしろかったです このアニメに阪本という黒猫が出てきますがめちゃ渋い声でしゃべってました 

阪本風のうちの猫
0120.jpg

PageTop

別れは寂しいけれど

1/19(木)
今日は仲の仕込み 今日はなんかちょっと早く4時半に起きてみる まあ夜ですね 仕込みの準備と洗米 洗米も朝するとなかなか良い感じです ただ今は播州山田錦なので良いのかもしれません また違った米だとまた試してみないといけません 固い米だと時間がかかるので、やっぱり夜に洗った方が良いでしょうね なんだかすることが溜まりすぎて取りあえず仕込みを頑張るみたいなことになっています ちょっとだけ出張があるので、帰ってきたらすぐに次の仕込みができるように麹を造りだめしてます 寒いので可能なんですがあまりしないほうが良いのかもしれません かなり乾いた麹なんであまり置いても変わらないような気がします 今日はもろみの搾りもあるので午前中はけっこう忙しいです そのもろみで濁り酒を詰めるのでその準備も もろみと濁り酒は何がちがうのでしょうか にごり酒は酒税法的には清酒です 濁っていても清酒なんですね 清酒の定義とは、もろみを濾したものということなので荒い布などで濾しても清酒なんです もろみそのものだと、雑酒、いわゆる、どぶろくになりますので、うちでは製造販売できません うちにあるのは清酒の製造販売免許なのですね どぶろくの場合雑酒の免許が新たに必要となります 途中の経過がどぶろくなんだからいいじゃないかという気もしますがまあ法律で決まっていることなのでしょうがないですね 最近では梅酒とかどぶろくで特区を作り、製造できるようなところもけっこうありますね 特に梅酒なんかは町おこしの一角を担っているんではないでしょうか 午後からはお客様 あまりテンションのあがるような話ではなく、どちらかといえばしんどい話でした まあ一つ一つ超えていかねばならないですね 頑張ります 午後からはにごり酒を詰めました 今回のものは熱処理をしている火入れのものです 甘さもありますが酸もあるのでちょっとヨーグルトっぽい感じなんでしょうか 前のものもそういう味だったので踏襲した感じになって良かったです にごりってけっこうきついイメージを持っている方も多いのですが、けっこう飲み口軽いです 前は原酒のどーんと重いものも詰めていたのですがちょっとここ最近変わってきました
話は変わりますが、けっこうネットでブログとか日記とか書いている人多いじゃないですか 知らない人の日記なんかでも、なんかの関係で知ってからずっと見てるとかってありますよね そういう日記が僕にもあって、特にすごい知り合いでもないのに読んでいたんですね そうしたらその日記が最終回になってしまい、書いている人は自分の夢に向かって進んでいくという覚悟ができたから、日記は終了するということだったのですが、内容に感動するやら、日記が終わってショックだわ大変です 本当にもう連絡を取る手段もないし、書き込みをしてもおかしいし、夢に向かう決心をした人に一言応援の言葉(迷惑かもしれませんが)でもかけたいけど なんか急に寂しくなるものだなあと思いました なのでこのようなしょうもない日記でも読んでくれている人がいるので頑張ろうと思った次第です
午後からは来客 いろいろと今後のことを話す けっこうシビアな話ですがまあ頑張るしかないですね 今日は朝からずっと雨模様 かなり気温も低いですが雪にはなっていません 今日は昼から搾っているのですが、もろみがけっこう溶けない感じだったのとまあお米の具合かもしれませんが、なかなか搾り機に入らないですね 夜中までかかってやっと終了 夜は大地くんと藤原くんが来ていました 今度この3人でもなにかユニットというかバンドらしきことがしたいなあと思っています 

新ユニット打ち合わせ
0119.jpg

PageTop

脇町ディスティーノ

1/18(水)
今日は大きな仕込みは無くて、酒母の仕込みになります なんせ今はどんどんこなしていかないとどんどん出来るのが遅くなってしまいます そろそろ酒まつりのときのお酒も仕込まないといけません いろんな理由から当日しぼりというわけにはいかなくなりましたが、前日には仕込みますのでそうなると2月24日という日程が決まってます ここから逆算するともろみ日数25日間とすると1月最終日には仕込み終えてないといけませんね 搾る日が決まっているとどうしても難しいですね 日数が足りないいけないのでちょっと余裕をみますが、そんなときに限って暖かくなってしまったり難しいです 今日は在庫が減っていた阿波山田錦特別純米無濾過生原酒を詰めます 
青い瓶のお酒です うちの看板商品でしょうか このところ雄町だとか兵庫山田錦等外米など種類も増えてきましたが、まあ地元のお米ということもあってやはり看板なんでしょうね 
そういえばこのブログも最近愚痴っぽくてだめだなあと自分でも思ってたところ、やはり周囲にもその空気が伝わるようでなんかそういう話をしました けっこうな数の方がいらしてくれているのですが、コメントが全然無いというのは、おもしろいことを書かないからじゃないの、みたいな指摘があったので、それはなるほどと思ったのでした なんかもっと食いついてきてくれる楽しいことを書こうかな でもどういうことを書けばいいのか分かりません なんかこのブログも本当の日記で、本当に思ったことしか書いていないのでおもしろくないんでしょうね 僕自身そんなにおもしろみのある人間でまないような気がしますしね 趣味のレコードブログも最近ぜんぜん更新をしていないのでそっちも楽しく再開したいなあなんて思ってます このブログも全然おもしろいことを書かないですが、何かしらコメントいただけると非常に励みになります 昼間はだいたいばたばたしているので、文章を書いているのは、深夜か早朝なんですね だからあんまりすごく楽しい気分でもないのかな 
昼間ロータリークラブの例会で脇町のディスティーノというところへ ここは大変大きな会場があり、音楽イベントなどもあって何度かお邪魔したことがあります あと最近結婚式で樽を使っていただきました で、ロータリークラブで2月に大きな大会があるんですが、ここで開催することになっています 当日の進行表の僕の名前の横をふと見ると「妖怪」と書いてあります このところ欠席ばかりしていたので理由が分からなかったのですが、どうもその大会のお客様のお出迎えに妖怪の格好をして迎えるという意味らしい まあいいんですが 妖怪の種類にもよるなあ 前に僕は、子供2人と鬼太郎の映画を見に行ったときに、周りの子供たちの熱い視線を感じたことがありますからね そう、髪型、前髪が長いので鬼太郎の格好をしていると思われたのでしょう 本気で真後ろに向いて見ている子もいました この話はちょっとおもしろいかな
今日は夕方から、やぶちゃん頭痛のバンド練習 僕は入ってないのですが、今回はひろかちゃんのボーカルが入ってかなり形ができてきたのではないでしょうか やぶちゃん頭痛は本当は「やぶちゃんず2」なんですね 僕は「やぶちゃんず」の方に所属してます 「やぶちゃんず」ではギターです NY UNDERGROUNDやサイケのようなノイジーギターです 「やぶちゃんず」は4人編成でリズム隊は女子中学生なんです ですから4人の平均年齢を計算するとなんと23歳になるんですね ちょうど良い感じ で、やぶちゃんがボーカル、ギターというバンドです まだ一回しかライブはしてないのですが継続してやっていきたいな ちょっとはおもしろい話になったかな(無理か)

ディスティーノにて
0818_20120119111607.jpg

PageTop

高速バスを予約

1/17(火)
今日は酒母を下ろして添えの仕込みです が、急に人が足りなくなったので営業の人に急遽手伝ってもらう 普段も3人もしくは2人半くらいでまわしているのでまあ大丈夫なんですが、やはり一人抜けるとつらいものがあります 人手は多いにこしたことはないのですが、まあ人件費という問題とあとはあまり多くの人が携わると酒のコンセプトが薄まるのじゃないだろうかというのもあります まあこれは皆で造るものなので意志の統一をはかればいいのでしょうけど、どうもそのあたり苦手なのです 一人でなんでもする方が好きなんですね これは会社というか蔵を続ける以上、好きとか嫌いとか言っているようなことではないのですが、苦手です 自分の思いを思い切りぶつけるには一人がいいんです 陶芸や画家ではないのでそんなこと言ったってしょうがないのは分かっていますけど まあそのあたりは自分なりに着地点を見つけていかないといけませんね 麹の作業中にこの前からいろいろと話をいただいていた新規取引先の方から電話をいただく お酒をけっこう気に入っていただいたようで新しく取引をさせていただけそうです 資料を送るようにしないといけませんね 実はこれも最近決まったんですが、銀座の三越さんへ商品を納入していますが、ここで試飲会をさせていただくことになりました 期間は2月終わりから3月の最初にかけてです 一応土日月くらいは試飲販売に行かせていただこうと思っています こういう突発的なことがあるので、仕込み計画も微妙に変わっていきます うちの場合、年明け、今からの原料米の動向でも変わってきます だいたい、新酒は秋の新米時期から原料米を仕入れて仕込みをおこないますが、年明けになると原料米でも余っているものやキャンセルされたものが出回ったりします これらは計画外なのですが、けっこうお買い得なものもあったりして、毎年なんか買ってます 酒造好適米だけですけどね 今日はオリジナルラベルの問い合わせを2件いただく これもけっこうおもしろいです オリジナルのラベルで、会社創立祝いだったり、結婚式の引き出物だったり、なかなか個人的なものも多くて楽しいですね あと誕生日祝いとかね なんだか細かな仕事が膨大に溜まってきているので恐ろしいです この仕込みの時期にちょっとどうしても外せない理由で東京へ行きます 今週の日曜日の夜のバスで向かう予定です 前はけっこうバスも利用しておりましたがこのところ乗ってなかったのでどうかな でもけっこう寝られるんですよ 適度な揺れがいいのかな あと冬場はけっこう暖房しているので暖かくてねてしまいますね まあ普段から睡眠不足だからかもしれませんけどね

室の麹の床が壊れてしまいました 応急修理をしました
0117.jpg

PageTop

月曜日はどたばた(こればっかり)

1/16(月)
月曜日はなんだかいそがしいですね 今日は仕込みは無くて麹米の蒸しだけになります 昨日のよるに暖気を入れた酒母はうまく温度も上がって良い感じになっております やはり細やかな対応しないとうまく育ってくれませんね その点、本当に生き物ですから子供を育てるようなものかもしれませんね 麹米も今日は少し多めです このところ山田錦の等外米を使っているのですが、自分も慣れてきたこともあるかっもしれませんが、洗米、浸漬ともにうまくいっています 毎年同じ銘柄のお米でも扱いはその年によって変わってきますから、本当に原料処理というものは難しいです たとえ、自分で米を作ったとしても、酒造りになるとまた違うので難しいでしょうね 米作りはしないのですか、とよく聞かれますが、酒造りもままならないのにお米作りなんてとても無理です 原料は原料のプロに任せてそれを分けていただきたいというのが今の自分の正直な気持ちです また余裕ができればお米作りもいいかもしれないですが、一生余裕は無いような気がします 午前中は発泡の酒の瓶詰め これは活性酒で瓶内二次発酵による発泡でシャンパンなどと同じ製法ですね 詰めるときには炭酸ガスは無いのですが、詰めてから瓶の中で酵母が働きガスができます このところ爆発系のお酒もたくさん出てますが、ほぼみんな同じ造りですね 今回は雄町によるもので度数も12度くらいで前と同じです この加減が難しく、あまりおりが少ないと軽い発泡になりますし、おりが多いと吹き出すくらいになります あとは瓶詰め後に置いておく時間も関係します ある程度は常温で発酵を進めて、冷蔵庫に入れるようにしてますが、冷蔵庫に入れるとまあ発酵はほとんど進まないですからそのあたりの加減がいつも違っていてご迷惑をお掛けしております 午後からは野暮用で高松市内へ 出るのが遅かったので用事をすますともう5時過ぎ 友達のレコード屋にも寄ろうかなと思っておりましたが、そのまままっすぐ帰ってきました 帰ってきてから明日の準備 酒母の暖気も入れて、麹の作業もしました 今日は朝などは山のあたりは白いものが見えてましたが、夜中は思ったほど冷えなかったです といっても蔵の中で5度くらいでしょうか まあ普通の冷蔵庫の中くらいの温度ですね 

寒くてもろみ表面が固いので穴を空けました
0116.jpg

PageTop

日曜日は何もしなかったなあ

1/15(日)
今日も織絵がバレーボールの遠征で淡路島まで行くとのことで5時半起床 学校まで送っていく その勢いで麹の作業 さすがに眠いので一回家に戻り寝る 今日は三女の胡春と奥さんも地元でバレーの試合 綾音は友達と映画を見るとのことで今日は一人ぼっち まあいいけど また起きて昨日の新年会の片付け マックとかモニターを持っていっていたのでそれの片付けが大変でした あとはまあごみを捨てるだけ 今日は3件ほど発送するものがあるので午前のうちにしてしまおうと思って準備をする が、発送しないといけない酒の在庫が無いものがある しょうがないので詰めるところから 昨日準備しておけばよかったなあ なんとか梱包まで終了 もうすでに1時過ぎ 叔母が来ているので一緒に昼ご飯を食べる 午後からは明日の仕込みの準備などをする 今日はけっこう寒いなあ 室の作業は暖かくていいけど眠くなってくる 夕方には家でのんびりしていると寝てしまっていた 知らない間にみんな帰ってきていた 今日は何もしない日曜日だったような気がするなあ いろいろすることはあるのですが、目の前の作業がけっこうあってなかなか前に進まないな いよいよ新しい試みにも挑戦するのですが楽しみなような不安なような まあ取りあえずなんでもやってみないと分からないのでね 精一杯やってみます いろいろと期待されているので緊張するなあ 夜は洗米の準備をします 原料米の種類にもよるのでしょうけど今使っているものは、冷えるから凍る外池無いと理由もありますが、早朝に洗米しています あまり冷たい中で置いておくと良くないのかなと思って朝の洗米に切り替えるとけっこう今はうまくいってます ただしこれも本当に米によるかなと 固い米ですと浸漬時間をけっこうとるのであまり朝の洗米には向いてないかもしれません 山田錦や雄町はまあ大丈夫かなと

寒いから暖気は夜中に
0115-1.jpg

新年会のとき 和室にマックもいいかも
0115.jpg

PageTop

新年会など

1/14(土)
今日は会社は休業です が麹の作業もろもろがあります 次女の織絵が学校の部活のバレーボールがあるのでけっこう早めに起こして学校までつれていく 織絵は毎日バレーボールに明け暮れています まあ何か好きなことがあるのはいいのですが、僕自身があまりスポーツをしないのでちょっと分からない部分もあるのです 長女の綾音は音楽なので共通するものがあるのですがまあそれはしょうがないですね 織絵はまだ1年生なので早く行って準備をしないといけないのだそうです スポーツの世界は厳しいな まあなんでも一緒ですかね 帰ってきてから蔵で仕事 もろみもなんかまた冷え込んできたような気がします うまくいきませんね 温度ばっかりはそれほど自由にならないので細かな対応をしないとしょうがないです 来週はいよいよ今まで使ったことのない原料米も来るので楽しみなような気が重いような 徳島そごうさんから電話が来る 今年のそごうさんの福袋企画で酒造り体験というものを企画していただいたので、その後の報告をいただく 2年前にも同じ企画をしたのですがなかなかおもしろかったですよ うちの蔵に泊まり込みでお手伝いいただくという企画で、お手伝いいただいたお酒を買っていただくというものです お手伝いただくのにお金をいただくということですが、一応晩ご飯は地元料理とお酒を味わっていただくということになっています でも、泊まるところは基本的には蔵ですからまあそんなに良いところではないのです これは直接購入いただくわけではなく、希望の方にお申し込みいただき抽選するということになってます ありがたいことに何組かのお客様からお申し込みがあったようです 楽しみですね 今日は夜はMSFの新年会でした 今日もなかなか盛り上がって終了はおよそ3時 もう歳だから無理しちゃだめですね


新年会深夜編
1014.jpg

PageTop

留めの仕込み

1/13(金)
今朝はすることがあるのでいつもより早く4時に起床 なんだか零下の寒さです 今日は蒸しもあり麹もあり仕込みもあり、さらには瓶詰めもしますので忙しいです このところ忙しさで年末から部屋もひどい状態になっているのでちょっとは片付けたいなあと思っていたりしますがこれがなかなか思うだけでできないのです 部屋はレコードなどであふれていて良くないなあと思いつつ片付けしたいなあ この土日でなんとかしたいという気持ちはあります 今日は13日の金曜日なのですね あまり関係ないけど 今日は午後から税理士の先生が来られるので午前中にできることをしておかなくてはいけません 午前中に瓶詰めの段取りをして濾過もしておきます 詰めるのは上撰という地元向けの普通酒です この普通酒というのも言い方もまあどうかと思いますが、通常の日本酒と言われるものの中では圧倒的にシェアが多いですね うちの蔵でも20年ほど前だとほとんどこの普通酒の造りでした 純米や本醸造、吟醸は1割くらいでしょうか 今や半分以上が純米になっていますからまあ嗜好も変わってきたということでしょうかね 普通酒というのはアルコール添加したり、糖類を添加したものですが、必要以上になぜか悪者扱いされているような気がします 純米と違って米だけでできているわけではないですが、まあそれは金額との兼ね合いもあって、こだわったものを少しでいいから飲みたいという人もいれば、まあそこそこのスペックでも毎日たくさん飲みたいという人もいるわけで、お客様が選択すればいいのかなと思います 世の中、100%フレッシュジュースばかりがあるわけではありません 果汁は10%のジュースもあるわけです 嗜好されるもので駄目なものは自然淘汰されるのではばいでしょうか その中でも本当に悪いものは無くなるし、メーカーがどうしても残したいものは主張を続ければ良いのかなと思います 午後から瓶詰めをしました 詰める時間は1時間くらいで終わります 終わってから税理士の先生と打ち合わせ この時期はいろいろと原料米など資金が必要となりますのでそのあたりの話や今後の話を 6時くらいまで打ち合わせ それから藪下くんが来て家でレコーディング 12時くらいまでいろいろと試すが最終的な段階までいかず まあこんなものでしょう 夜に麹の作業 酛も冷えているので暖気を入れて温度を上げる 夜は本当に冷えます


1013_20120116100240.jpg

PageTop

久しぶりに徳島市内へ行く

1/12(木)
今日は仲の仕込み このところ兵庫山田錦の等外の仕込みを続けてしています この等外のお米ですが、なかなか良いですね 洗米してもそれほど割れないし、麹が造りやすいです 麹がうまくできるということは良いお酒ができるということです 麹でつまるとまったく何もうまくいかないですね 逆に良い麹ができるとまああとは蒸しとか温度管理なのでそれほど難しくはないのですね なので等外の山田錦とは言え通常の山田錦と全く変わらないという認識でしております 出来たお酒も全然遜色ないと思います ただ現在の酒税法では等級検査で等級を受けていない原料米を使用すると、たとえ山田錦であったとしても特定名称酒を名乗れないことになっています つまり純米の造りで造っても純米酒の表示ができないわけです 純粋に米と水で造ったものが純米と言えないわけです これはまあいろいろな要因、例えば事故米とまではいかないまでもひどいくず米などを使った純米などを造れないようにとかそういう理由があるとは思います しかし、それではじかれてしまうものもありますから少し考えることも必要かなと思います いま酒造業界では加工米という政府米、お酒の原料にだけ使用できる米というものが存在します これははっきりいって、値段が安いからなんでもいいでしょうという米だと、僕は考えます 実際に加工米という名称で、米の銘柄、産地は一切分からないのです というか教えてくれません これで、食の安全というものが守れるのでしょうか 完全に信頼関係の中で成立しているものですが、本当に信頼できるのでしょうか 今まであったことを振り返ると、いつどういうことになるか心配です 産地も分からない米(ただし国産)では、その米の特性を知り、仕込みに生かすことなどできません ただ酒になればいいという時代はとっくに終わっているのです また好きなことを書いてしまいましたが、うちでは原料米についてお客様や小売店の方に聞かれますし、こちらも原料米の持ち味を生かした酒造りを目指しておりますので、加工米は使用しておりません ただ加工米が悪いというのではありません もっとお米の内容をはっきりとしたものにして、誰でも納得のいくようにすればいいだけの話です 
話は変わり、今日は午後から徳島市内へ行きました 一件は約束していたところでちょっと打ち合わせ そのあと、徳島県工業技術センターへ行きました 酵母をいつもフラスコでいただいているのですが、その空いた容器を返しに行きました 会社に帰ってきて洗米の準備 明日の朝は特に早いので早めに寝ました

固いもろみも溶けました
0112.jpg


PageTop

酒母(酛立て)

1/11(水)
今日は大きな仕込みはないのですが、酒母を立てます このところ日中はけっこう暖かいですね 10度近くになるので夜や朝と比べると10度近くの温度差があります なかなかこれは厳しい環境と言わざるをえません あまりに寒いと防寒しないと酵母といえども動かなくなってしまいます まあ暖める手段はけっこうあって冷やすよりは楽なのですけどね 酒母だと暖気を入れるとかタンクの周りを巻くとか蓋をするとか、電球を入れるとかいろいろあるんです そういえばそういったものが時間で切れるように電源のタイマーを使っていたのですが、それが壊れてしまい手動で入れたり切ったりしてたんですが、どうも忙しいと忘れるのです まあ歳もあるのかもしれませんが、それこそマジックで手に書いておかないと全く憶えていません 何かいいタイマーがないかと探しておりますが近所にはないんです すごく単純なものでいいんですが、僕が探せないだけかもしれません 酒母も何度も書きましたけど、うちの蔵では速醸酒母だけを立てます 生酛などもおもしろいとは思うのですが、蔵の酒の方向性とはまた違いますし、生酛のお酒はあまり自分でも得意(好き嫌いの話です)ではないので造りません いつか自分の思うようなものがあればするかもしれませんが、多分しないと思います 今使っている酵母がまあ生酛には全然向いてないですしね いろいろと考えたあげく今の形になっているので、今の方向性を伸ばしたいと思います 昼間はけっこう暖かいなと思っていたら夕方から急激に寒くなってきました なんと小雪もちらほらしているではないですか これまたもろみも酛も冷え込みそうなのでなんとかしなくては 夜に洗米してますがそれもちょっとどうかなと思います 浸漬タンクが比較的外に近いところにあるので、ものすごく冷えるんですね あまり早くから洗っておくと凍りそうで怖いです 凍らないまでも蒸しとかでたまに割れて柔らかい部分があったりするのでそれは凍ってしまった部分なのではという疑念があります ですのであまりに寒いときは朝早く洗ったりしてます 夜中中置いておくよりは良さそうです 今日は晩ご飯がオムライスだったのでみんな自分の名前をケチャップで書いていた 馬鹿馬鹿しいけどおもしろい

まずは胡春
0111-1.jpg

次は織絵 (猫も)
0111-2.jpg

綾音
0111-3.jpg

で、僕はなんて書いたかと言うと
0111.jpg

馬鹿ですね

PageTop

えびす祭り、だけど行けず

1/10(火)
今日はえびす祭り当日 ですが今日はかなり朝から忙しいので全然行けそうにありません 近所なんで少しは顔を出したいなとは思いますがそれがなかなかねえ 仕込みと麹でけっこう時間がかかる 新酒の瓶詰めもけっこうあるので午前中はばたばた 新規のお問い合わせもいただいておりますがもうすでにうちの蔵ではあまり対応できるほどお酒がありません これはけっして売れているということではなく、うちの蔵が対応できていないということです 設備もそうですし仕込みの能力、瓶詰め、保管の能力など全てに足りてないのです 特定名称酒への取り組みが遅かったので仕込みはなんとか多品種小ロットで1トンの造りに変えて、自分のできる酒造りできたのですが、相変わらず効率が悪く、無駄なことも多いし、冷蔵設備も足りません こういったことは造りへの努力以外のことなんですが、実はお酒にとっては同じくらい大事なことなんですね そのあたりを痛感します 自分は杜氏ですが、同じく経営者でもありますから、この難題をどうにかクリアしていかねばなりません 景気が悪いと言いましても、売上げを伸ばしているお蔵さんはいくらでもあります 造りの努力と経営の努力両方をされているのでしょう 難しいです 仕込みを多くすればそれだけ原料米を買う経費が膨らみます 人手を増やすと人件費が いけませんね 愚痴ばっかり言ってては しかし日本酒の造りの部分においては、コスト削減の方法はあるとは思います 仕込みにあった原料米を細かく選び、安い米でも質の良いお酒を造るなどです ですが造りを他に依存したり、流行を追いかけることは決して蔵の生き残る道ではないと思っています 自分の思いを酒造りにぶつけなくて何の共感を得られるでしょうか 自分の納得のいく酒造りをしてこそお客様に飲んでいただけるものになると信じています 苦しい中でも光が見えれば進んでいきたいと思います なんか重たいことを書いてしまった もっと気楽な気持ちの方が酒も良くなったりしてと、自分では思っているんですけどね あまり考え込むと良くないな

蒸し米を広げる このところ写真が酒蔵っぽいな
0110.jpg

PageTop

成人の日

1/9(月)
今日は会社営業日です 商工会議所の青年部事業で10日えびすをしますので今日から準備ですが、まあ仕込みもありますから欠席です ただトラックを貸してほしいとのことなので取りに来てもらう そのときにお礼で渡す300mlのお酒があるのですがこれが準備できてなくて後で持っていくことにした 御神酒的なものも持っていかねば ただし午前中はけっこう時間もなくてずっと蔵にいました なかなか仕事も多くて出られないですね 1月2月くらいはちょっと外部の仕事も申し訳ないですが出られそうにないなあ 特に毎年人手が少なくなっているのに、することは増えているという状態なのでとても無理ですね 夏場に頑張りますのでまあお許しを ただ2月酒まつりは当事者でもあり、他のメンバーは町のためとボランティアでやってもらっているのでそこは出来るだけのことはしないといけないなあと思っています ただこの前も書きましたが前夜祭もあるので当日のライブはちょっと無理かな 機材の移動だけでも大変だし 準備もなかなかできそうにありません 去年はよくやったなあ お休みということもあり、お酒を買いにけっこうお客様が来てくれます 昨日くらいから少し体調が悪かったのですがどうも本格的にきはじめてしまって夕方から頭痛がひどくなる 薬を飲むものの頭がぼーっとするだけでどうも調子悪い 洗米もけっこうあるのでとりあえず一回休むことにする8時くらいまで家でねていると少しましになった感じ 肩や手がすごく痛いので肩こりのひどいものかもしれない 普段はあまり肩こりtかはないのですけどちょっと年末年始の疲れがここに来てきているのでしょうか 事務仕事的なものでパソコンを使う時間も長いのでそのせいもあるかなあ いずれにせよ寝込んでしまってはしょうがないのでだましだまし続けないとね 酒母やもろみを混ぜるのも寒いせいかけっこう固かったので思い切りしてしまったから首とか肩にきたのかもしれませんね なんか寝ている間にいろいろ考えてしまった
室にて
0109.jpg

PageTop

日曜日は買い物

1/8(日)
朝から出初め式でばたばた しかし麹もしないといけませんし 発送分もけっこうあるのですね 張り切って早起きする このところ4時半とか5時くらいが普通です もう夕方眠くてしょうがありません ただ朝落ち着いてできることもたくさんあるのでこれはこれでいいかなと思っています 仕込みだけですとそれほど早くから起きなくとも大丈夫なのですがまあ朝が仕事しやすいですね 電話もかかってこないですしね 午前中は麹の作業や詰め口、発送する荷物をつくったりしました 今日は胡春の入っている少女バレーのチームが高知で大会に出ているので奥さんと胡春は高知へ応援に行くことに 織絵は宿題が山ほど残っているらしいので家で留守番 久しぶりに綾音と2人で高松へ行くことにしました 綾音はドンキホーテに行きたいとのこと 高松へ向かうと割と手前の方にあるんですね しかし入りきれない車の列が車道まではみ出している ここはけっこうお客さん多いけど駐車スペースが小さいのですね もっと郊外に行けばいいのになあ なんとか車を入れて買い物 けっこう女子中高生が多いなあ いろいろと化粧品などもあるから人気なのでしょうね あまり見るものも無いので食品コーナーばかり見る こういうところへ来ると別に要らないのにお菓子とか買ってしまうのが良くないですね でも大きなお菓子とかみるとつい買ってしまうな ゆめタウンにも行きたいとのことで行くが、ここも車がすごい まあ3連休ということで大変な賑わいです ここでは綾音の服など見る 女の子の服とか良く分からないのでただついているだけです バーゲンをしていて人が多かったです そこから市内へ向かい今年初めてのマッシュルームレコード 鈴江くんも元気でした なんか去年は灰野敬二と対バンしたとのこと いいなあ うらやましいなあ 新しいブログのためにちょっとだけレコードを購入 すでに持っているものですがちょっと買ってしまった 狙って抜くので嫌がられているような気がするなあ 帰ってから晩ご飯 夜はまた蔵で仕事 このところお正月にくらべてかなり気温が高いです 正月の寒さはひどかったですね もろみも酒母もかなり冷え込んでしまい勢いが無くなりました まあかなり進んでいる状態でしたから問題はありませんが

高松ゆめタウンにて
0108.jpg

PageTop

まだ正月気分かな

1/7(土)
世間では3連休ということですが、まあそうは休んでいられません 麹米を蒸して室へ 室のものは隣の部屋へ 今日は午前中に上撰を詰めます が、なんだかフィルターの調子が悪くなかなか進みません 在庫も無いのではやく詰めないといけないのですがこういうときに限って調子悪くなるなあ お昼までかかってフィルターを取り替えたりいろいろしました なんとかいけそうですね 午後から東京からお客様 年に何回か展示会などでお会いする方で3連休を使ってこちらまで来られました 遠いところありがとうございます 今日はなんだか暖かい日ですのでそれほど寒さはかんじられなかったかもしれないですが本当はもっと寒い感じだったのですが、もろみも見ていただきましたが、えらく元気な感じで、気温で本当に変わってくるなあと改めて思いましたよ 4時くらいに変えられました 今日はまた本州まで戻られるとのことです 夕方から麹を見たり、発泡の酒を要すを見たりいろいろ細かなことをします 明日は消防の出初め式でお酒の注文もいただいておりけっこう忙しくなりそうです 8時くらいから急激に疲れがでて寝てしまう 10時には起きてまた室へ 細かな作業はいくらでもあるのですが、室の麹米もあまり触りすぎても良くないと思っています 麹にしても酵母にしても僕がいない間に仕事をしてくれる、まあいわば小人、もしくは妖精のようなもんですから、環境だけ整えれば(温度とかね)仕事はしてくれるんですね 家に戻って多少レコードを聴いてみたり このところ忙しいのでゆっくりと音楽を聴くのは車に乗っているときくらいです まあそれくらいの集中が心地良い気もしますが なかなか昔のように何時間も集中して聞けなくなりました ヘッドホンで聴くことも多いですし 年齢とともにリスニングの状態は変わってくるのかもしれませんね でもヘッドホンもしくはイヤホンだと大きな音で聴きすぎるので耳が悪くなりそうです というかすでに悪くなっているのですけどね これも宿命でしょうか バンドなどで大きな音を常に聴いているとやはり難聴になりやすく、しかも一回なってしまうとなかなか直りにくいそうなので気をつけないと 

猫と寝る織絵
0107.jpg

PageTop

徳島駅伝折り返し

1/6(金)
今日は上撰という普通酒を瓶詰め予定だったのですが、急に体調悪くなった人が今日お休みということで明日に延ばしました 年明けはあまりお酒の需要も無いのですが、8日に消防の出初め式があってありがたいことにけっこうお酒を買っていただけるのですね 結婚式や選挙などでもほとんどお酒の売れることのなくなった今、貴重な需要もとになっているのかもしれません ということで朝は早起き(まあいつもくらい)して、仕事の段取りをしてから、徳島駅伝の応援をします 阿波池田駅前からスタートなのでものの2分くらいでうちまで来ます はっぴぃたぁんのドラマーである大島くんが走者で頑張っていました 走る人は体をほぐすために走る4時間前くらいには起きないといけないとのこと 大変です そして阿波池田駅前から辻高校までの7キロ弱を走りますが、けっこう上ったり下ったりの大変な道です がんばってね 今日は久々にけっこう麹米が多いです 正月にぼちぼちとして怠けていたぶん、頑張って造ります 今から仕込みをしたものが2月の酒まつり前くらいにできますね 来週の仕込み分が酒まつりあたりのお酒になります 以前は当日搾ってたのですが、それを利き酒していただくという行為がだめということを税務署に指導されまして、前日搾ったものを提供する形になりました(もちろん利き酒していただいたものは酒税を払う) まあ税金のことですから仕方ないですね きっちりやりましょう ただ前日になったところで搾る日程は決まっているのでなかなかこれ大変なのです 天候やお米の具合でずいぶんもろみも変わってきますから日程が決まったものはやりにくいですね

今度は徳島市方面へ向かう
0106.jpg

PageTop

徳島駅伝

1/5(木)
今日から会社はじまりです 早速発注もいただいておりますので生酒の瓶詰めなど行います 午前中は麹の作業もありばたばたとする 今週末には消防の出初め式があってお酒が多少動きます 年末でけっこう在庫も少ないので明日くらいには詰めないといけません 今日は樽もあります 結婚式に使っていただけるのですが、4斗樽なんと3本 一応半分の2斗を入れますがそれでも一升瓶で60本 すごい本数です 枡も300個くらいの注文いただいておりますがなかなかこのところ無いくらい多いですね すごい結婚式です 午後からは酒まつりの前夜祭で行うイベントに関して、教育委員会と消防へ許可申請に下川くんとまわる 場所は昔ジャスコがあった建物でサンライズデパートという場所の地下です これが今は空いているのでもったいない限りですが、イベントに使う部分だけで800平米というとてつもなく大きな地下です ここでライブとクラブイベントをしようという内容です また詳細が決まったらお知らせします おもしろいイベントになればいいな 前夜祭って酒まつりの前の日に僕は動けるのでしょうか 昨年も当日にへそっこ公園でライブイベントを決行して死にそうになりました でもまあ地元の活性という意味もありますし楽しくやりたいなあと思ってます 今日は徳島駅伝が池田に向かって走ってきます そして明日の朝は阿波池田駅から再スタートになります うちの蔵の前の道を通りますので一応応援 なかなか寒い中大変ですね うちの蔵の前の区間は女子中学生の区間になっていました 織絵の同級生の子が走るかもと言ってましたが実際は違っておりました でもがんばってましたよ 

蔵の前で応援
0105.jpg


PageTop

雪がちらちら

1/4(水)
会社は一応今日までお休みいただいております が、酒母の仕込みなど中は動いておりますよ 年明けからは山田錦の等外米の仕込みを連続してする予定です 今は65%ですが続けて60%も仕込み予定です 昨年から等外米のお酒がご好評いただきありがとうございます 契約農家さんのご協力もいただき今年は仕込みを増やすことにしました この売れ行きは大場くんのデザインによるラベルの影響がかなり大きいかなと思います 通常の壱の干支ラベルとまたその袋取りのWILD SIDEの両方のラベル、全く画風は違いますが、両方、大場くんのデザインです 大地の夢のデザインもしていただいておりますし感謝しております 今日はほとんど仕事をしておりまして、夜は徳島新聞カルチャースクールの今年第一回ということで出席予定です しかし朝から多少雪が降ってはいたのですが、なんと徳島自動車道、全線で通行止めという事態 それほど降っていないのですがどうなっているのでしょうか ネットで見ても3時現在でまだ通行止めです 一応出かける用意はしていたのですが、ちょっと考えているうちに解除になりました 5時くらいから出かけましたがほとんど雪など残っておらず、なぜ全線で止まってたんでしょうか 不思議だ 1月4日ということで、今回の講座は少し欠席者の方も多かったのですが、無事に終了


0104.jpg

PageTop

もう3日か

1/3(火)
3日でまだまだ正月気分 朝は蔵の掃除を少しだけ 今日も早起きしてしまったのでいろいろとする このところ気温が低いのでどうも室の温度が下がり気味 もう古い室なので断熱効果がかなり落ちているのですね ですが室そのものを作り替えるのも費用がかかるし、ちょっとヒーターなどで熱を足してなんとかしております もう少し隙間とか無くてきっちりしていたらいいのですけど 今日は川之江のお店に綾音が財布を買いに行くというのでお昼ころからちょっと出かける 川之江から今度は一気に香川県へ移動する これは僕が丸亀、宇多津のハードオフに行きたいからなんですね ただ、織絵が晩ご飯を作ってくれるというのでその買い物もします 丸亀、宇多津と行きましたけど特に何もなし まあ何か目的があるわけではないけれどむなしさが残ります MACKIEの16CHのミキサーがありました このシリーズはFIREWIREでカスケードできるんだよね やったことはないですけど 今ライブで使用しているPRESONUSのデジタルミキサーがかなり重宝していますが若干CHが足りないんですよね 同じPRESONUSで24CHも販売してますが34万とかするんですよ 趣味ではとても出ない金額ですね いろいろ考えたけど結局何も買わず まあお金も無いし 家に戻って蔵で作業 その間、織絵が晩ご飯を作る なんか宿題だそうです 夜はかなり冷え込みました 今年は冷え込み過ぎのような気もします うちの酒もまあ酸は出す方がいいのでもう少し温度高くてもいいななんてちょっと贅沢なことを言ってみたり 

張り切っていますね
0103.jpg

出来上がり
0103-1.jpg

PageTop

1/2(月)
今年のお正月はお天気が良いですねえ 昨日の夜はけっこう遅かったのですがなぜか5時半ころに起きて朝風呂に入ったりしました 一応蔵の様子も見に行きましたが気温が低いせいかあまり発酵は進んでいません 今年も四国酒まつりが行われるのですが今年は2月25日の土曜日に開催されます 三好市内の3蔵が酒蔵開放しまして、中央公民館では四国の地酒を30種類以上集めます ぜひご参加ください で、何が言いたかったと言いますと、このときにお酒を搾る感じなのですがこれがもう一週早かったらお正月けっこう忙しかったのですね なので第4週になってちょうど良かったです 年明けはどんどん仕込みをしていきますので年末以上にがんばりたいと思います 10時ころから小松島へ向かう 娘たちの従兄弟や従兄弟の子供たちも来ていてすごく賑やかです お年玉もいただきました 帰りに北島に新しくできたゆめタウンに寄る お正月恒例でハードオフなども寄ってみましたがほとんど何も無し

みんなで畑で収穫
 0102.jpg

PageTop

今年もよろしくお願いいたします

1/1(日)
新年明けましておめでとうございます 今年もどうぞよろしくお願いいたします 歳を越したので近所の箸蔵山へ行くことにしました 今年は雪こそ降ってないもののかなり寒いです 昨年などは上に上がる階段がかちかちに凍っていてとても危なかったです 毎年恒例でおみくじをひいたところ大吉が出ました 今年は良い年になればいいなあ 無事にお参りを済まして、箸蔵寺の前にあるうどん屋へ ここは新年だけ夜中の12時から営業しています 暖かくなったところで家に戻って就寝 6時に起きて発送作業などおこなう 10時から家族集まってお雑煮などいただく いつもは家内の実家の小松島へ行くのですが、今年は2日に行く予定になっているので、娘たちのご希望で近くの綾川イオンへ行くことになった 予想はしていましたが予想通りのすごい人 最近は1日とか2日といってもあまり普段と変わりないですね のんびりとしたお正月というものもあまりないですね 買い物などしてゆっくり帰ってくる 酒母はやはり冷え込んでいるので、底に行火というか熱源を入れる 多分入れないと冷えすぎるでしょう

0101.jpg


PageTop

大晦日

12/31(土)
いよいよ大晦日ですね もろみも順調 酒母は一晩にして非常に低い温度まで下がりました まあ速醸ですから温度の高低が必要なのでいいのですが、ちょっと下がりすぎかなあ まあ正月の間に暖気を入れていきます このままだとなんか凍結してしまいそうです 今日はもう従業員の人はお休みです ただし会社は開けています もう発送するものもないのですが、することはたくさんありますね なかなか歳が越せません 会社内の何カ所かにお正月の飾りなどつけます あっという間に夕方になって大晦日も終わりました 今年はいただいた年越しそばがあるのでそれをいただきました 手打ちですごくおいしかったですね お約束で紅白を見てもう年越し 今年一年間ありがとうございました

1231.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。